トヨタ・レクサス惨敗―ホスピタリティとサービスを混同した重大な過ち

  • ビジネス社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828412795

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ==アメリカと日本の勘違いをしたトヨタ==
    アメリカで成功を収めたレクサスが何故、日本で失敗をしたのか?をディーラーレベルからも深く考えています。著者はアメリカレクサスを大評価。日本レクサスに超批判的です。それは、日本レクサスは根本的にホスピタリティーを勘違いしているからだそうです。

  • 惨敗かどうかは別にして、車社会の未来が透けて見えてくるかも。日経の広告を見て。

  • 分類=自動車産業・トヨタ。06年6月。著者の方の「サービス」「ホスピタリティ」の定義にはやや疑義がありますが、指摘内容自体は有益と思われます。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学修士、教育学博士。政治社会学、ホスピタリティ環境設計学。信州大学教授、東京芸術大学客員教授をへて、文化科学高等研究院ジェネラル・ディレクター。2016年、web intelligence university(web-uni.com)をたちあげる。
著書に『文化資本論』(新曜社)、『新版・ホスピタリティ原論』『哲学の政治 政治の哲学』『哲学する日本』『国つ神論:古事記の逆解読』『フーコー国家論』(すべて文化科学高等研究院出版局)、『吉本隆明の思想』(三交社)、ほか多数。吉本隆明との対談として『教育・学校・思想』(日本エディター出版部)、『思想を読む 世界を読む』(文化科学高等研究院出版局)。著者・編著は50冊以上、編集雑誌は140冊以上におよび、超領域的専門研究の学問設計をなしつづけている。

「2016年 『吉本隆明と『共同幻想論』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本哲士の作品

ツイートする