ホスピタリティの正体

  • ビジネス社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828415048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『「敵の歓待」こそがHospitality本来の意味である。「hostile=敵」と戦わないこと、関係を愛に変えることといってもよい。客は友ではない。何をするか分からない「敵」である。ゆえにクレームが発生する。これこそがホスピタリティの根源といえる。したがって、一歩間違えば相手と戦う、そういう緊張関係に置かれていることをホスピタリティという。』…との部分に非常に共感したのだが、「hostile=敵」と「Hospitality」はそもそも語源(ラテン語)が違う…という指摘を発見。と同時に、やっぱりな、という気も。というのもこの本、裏付けとなったデータや出典資料をまったくといっていいほど開示していない。これでは『作者の決め付け』と批判されても仕方がない。そこが残念。

全1件中 1 - 1件を表示

加藤鉱の作品

ツイートする