橋下主義(ハシズム)を許すな!

  • ビジネス社
3.23
  • (2)
  • (12)
  • (11)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 96
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828416519

作品紹介・あらすじ

いま、大阪のまちを奇怪な妖怪がのし歩いている。その妖怪とは橋下徹ひきいる大阪維新の会。名付けて橋下主義(ハシズム)。閉塞した社会を生きる市民のやり場のない不平不満をエネルギーに仮想敵をつくり上げて、大衆を煽る。このハシズムを大阪で許すと、全国に広がり、日本の民主主義は崩壊の危機に瀕する。そんな危機感を抱いた論客たちがハシズム斬りに立ち上がった!-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内田先生の「おせっかい教育論」はいつもの論調で、教育者の論調だ。僕ももちろん教育者のはしくれとしてまったく同意である。

    で、あとはひたすら残念な本となった。タイトルからして「橋下主義を許すな! 独裁者の野望と矛盾を衝く!大阪府庁では自殺者・うつ病患者続出!権限を集中させて、この男はどこに向かうのか?」である。やれやれ、、と思う。

    (想像だけど)筆者というより、編集者のセンスの問題が大きいように思う。

    本書のテーゼは、橋下主義は「決めつけ」「ステレオタイプ」「二者択一」だからけしからん、、というものである。けれども、奇妙な話である。そのような批判を重ねれば重ねるほど、橋下批判は「決めつけ」「ステレオタイプ」「二者択一」になっていくからである。このパラドックスに気付いているのだろうか?この本自体が売れればよい、という刹那主義(と権力志向)そのものではないか。

    内田先生は、「街場のメディア論」の中で、メディア批判をメディアが語らないようなやり方で行うというアクロバティックな知的作業を行って支持を集めた。僕もその手法に舌を巻いたくちだ。対照的に、本書は極めて(ステレオタイプな)橋下的に橋下批判を展開するという極めて奇妙な本である。

    ところで、冒頭の内田先生の文章だけが実は本書で異なる様相をもっている。内田先生は「教育とはこうあるべきである」を繰り返す。そして、その背景から照らし合わせて、現在の大阪府のこれとあれはけしからん、という批判として展開される。他の論者はほとんど「橋下のこことあそことこれがけしからん」と始めに批判ありきである。まさに、本書でだれかが述べたような「手段と目的の倒錯」である。

    香山さんはどちらかというと疑問提示役になってこの「決めつけ」型の論調から少し距離を置いているように見えたが、さて。

  •  奥付には2011年11月15日発行とある。橋本徹氏がまだ大阪府知事在職中。大阪維新の会が大阪を席巻しているを見て、危機感を懐いた論客による橋本主義(ハシズム)批判の書。しかし、橋本氏は大阪府知事を辞して大阪市長に立候補し、平松市長を破って当選した。大阪市民の選択した結果には唖然とさせられた。しかし、大阪維新の会は日本維新の会として組織を拡大して衆議院議員選挙に打って出たが、その勢いはやや失速した感がある。日本全国の選挙民は、まだ冷静だったということか。しかし、やはり、気になるのは、今夏の参議院選。

  • 71番乗り。リブロLIVIN錦糸町店にて発見。気になる。(2012/10/20)

  • 昨年11月に発行の、橋下氏が大阪府知事だったときの本です。内田樹さんの教育についての話が出ているので読んでみました。そこは、期待通りというか、いつもどおりの、教育を産業にするな、という主張がありましたが、全体としては好ましいとは言えない本でした。
    ハシモトは二極対立を作り出してドラマを仕掛ける、こんなのは政治ではない、というのだけれど、この本自体も同様な落とし穴に向かっているように見えます。
    「このハシズムを大阪で許すと、全国に広がり、日本の民主主義は崩壊の危機に瀕する」と表紙に書かれています。日本の民主主義は崩壊している、という前提で読むか否かで印象はかわるのでしょうが、この本も、相手の妄言を断片で取り上げて茶化すような、ワンフレーズ型に近い切り口が見え隠れします。
    僕自身は、維新の会にも橋下氏にも、まるっきりよい印象を持っておらず、対岸の火事が近くまで広がってきたことに懸念をしてはおりますが、それはそれで、こういう反論ではだめだなあという点では、勉強になりました。

  • 卒論のテーマは「文化大革命」でした。
    そう言ったら、ものすごく驚かれたことがある。
    私は、いわゆる国文女学生に見えるらしく、万葉集や源氏物語のイメージらしい。

    なんで、みな、あんなふうに洗脳されてしまったのか、に興味があって、
    また、ちょうど「広告批評」という雑誌で「文化大革命の大宣伝」(だったかな?)という連載があり、
    これにしたのでした。
    まあ、卒論必須のコースではなかったので、
    気楽に、就職決まって資格試験終わった10月末から1か月ちょいで書いた、レポートのようなものでした。

    橋本徹氏が、なぜ、人気があるのか(いや、ほんとは投票率からいくと、「大阪市民に人気がある」とは言えないかもですが)、
    私は興味があります。
    なんで惹かれるんやろ・・・(と、関西人じゃないけど関西弁使ってみた)。
    まあ、うまいのかな、みなのなんとなくの不満を形にして、
    権力使って攻撃するのが。
    それを見てすっとするのかな、「一般大衆」は。
    でも、それって、最終的に「大衆の不利益」になるんじゃないかなあ。

    この本では冷静に、具体的に橋本徹を読み解いているので、
    私は安心して橋本氏について考えることができます。

    今のところの、私の結論は・・・この人は政治家じゃないなあ、です。
    グローバル企業の社員になったらいいんじゃないでしょうか。
    (ご本人はできないと思うけど)。

  • 教育基本条例の時代錯誤。幻滅に耐え個人に頼らないのが民主主義。

    タイトル、表紙のキャプション、鼎談の編集、引用、語録はすごく過激で、いったいどんな独裁が行われているんだろうと思いました。
    でも、具体的なことは、いまいちよく見えてきません。
    有名人著者が前面に出ていますが、むしろ、この構成を作った編集者の本ですね。

  • 第一章の内田樹さんの教育論がすべてだった。

    わたしは教育に関しては素人だし、自分の子供もいないけれども、この話はすごいと思った。橋下市長抜きにして読んでおいて良かったと思った。

    残りの部分については、タイトルほどのインパクトには欠けるのと、本全体としては寄せ集め感がぬぐえないので、それほどのものにはならないか?といった感じである。

    最終章に、「暴言一覧」というようなものがあるが、あれも、前後含めて真意をくみとらないと、揚げ足取りにしかならず、反論としては弱い。

  • 合法的な独裁は、20世紀のはじめにドイツがやらかしている。
    あの二の舞にならないように気をつけなきゃ。

    とはいえ、刺青のある市の職員ていうのも有り得ないけど。

  • 橋本徹の本(『体制維新』)を読んだので、橋本徹に批判的な本も読んでみようと思って手に取った。

    内田樹による橋本教育行政への批判(教育現場には急激な変化は馴染まない、市場経済の尺度で成果を測るのは間違い)は確かにその通りだと思う。それ意外の論者(山口二郎、香山リカ、薬師院仁志)による批判は、いまいち説得力が感じられず、決めつけの論調のように感じられた。

    大急ぎで作ったパンフレット本で、それは別にいいのだけれど、編集者がつけた乱暴な見出しはいかがなものかと思う。そのあたりの減点で★★とした。『体制維新』は★★★★★にしましたが、それはあくまでも本の評価なので念のため。

  • 内田樹氏の1章だけですが、真剣に読みました。

    私は、大阪府民ではありませんが橋下さんが怖いです。こんなにもてはやされている事がキモチワルイです。

    この人は、頭のイイ人です。
    世の中の多くの人が、政治に知識や関心がないことを良いことに、欺こうとしているような気がします。
    民主主義は単純な多数決ではありません。
    そんな事は、政治経済の授業をきちんと受けた事のある人なら誰でも知っている事です。
    彼は、確かに嘘は言っていないかもしれないけど、本当のことも言っていないと思うのです。

    もちろん、画期的な発言も多くあると思います。
    批判ばかりではなく、解決策を発言するあたり、なるほどと考えさせられます。
    でも、教育の場に市場原理主義を持ち込もうとしている事にだけは反対です。

    何でも、市場原理主義を持ち込めば競争が起きて、ダメなものは自然淘汰されるというのは幻想です。
    絶対に市場原理主義を持ち込んではならない領域もあるはずです。

    教育にも多くの問題があることは認めますが、市場原理主義が解決してくれるものではないと思います。
    国全体として、子どもをどのような存在として教育する事がいいのか考える事の方が先ではないでしょうか。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

ツイートする