• Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828418353

作品紹介・あらすじ

元陸自レンジャー・井筒高雄が各界のプロに突撃取材!「戦争法案」の問題点を撃つ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 法律
    戦争

  • ★★★作家、憲法学者、軍事ジャーナリスト、元自衛隊員が危険視する安保法制。集団的自衛権は売られてもいない他人の喧嘩を買うこと。自衛隊員は殺されに行くようなもの。トクをするのは安倍さんとトランプと軍需産業。自衛隊員の退職は許可制で辞めにくい。自衛官は右翼ではない。実情。A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに投獄された岸信介。米国に魂を売って出獄し総理に。傷ついたプライドを回復しようと総理を辞めた後思いつめたように自主憲法制定を目指した。そのよじれた祖父の心情を背負っているのが安倍首相。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

浅田次郎の作品

ツイートする