ケント&幸洋の大放言!

  • ビジネス社
3.50
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828419602

作品紹介・あらすじ

日本、そして中韓の真相に鋭く切り込む著書でベストセラー連発のケント・ギルバートと、沖縄問題の裏側に迫り話題となった「ニュース女子」の司会を務めるジャーナリストの長谷川幸洋が初対談!この国の政治、経済、メディアに巣食う悪の本性を徹底的に暴き出す!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすくていい本だが、その当時に読まないといけない本。
    後から読むと鮮度が落ちる。

  • 図書館の本 読了


    内容(「BOOK」データベースより)
    日本、そして中韓の真相に鋭く切り込む著書でベストセラー連発のケント・ギルバートと、沖縄問題の裏側に迫り話題となった「ニュース女子」の司会を務めるジャーナリストの長谷川幸洋が初対談!この国の政治、経済、メディアに巣食う悪の本性を徹底的に暴き出す!

    新聞、テレビ、なんで反日なんだというのが理解できました。ちょっとまとめえケント・ギルバート著のものは読んでみよう。

  • 「ニュース女子」で放送していた内容は事実だったのに、なぜあんなオチだったのか。
    マスコミの実際。
    世界情勢について。

    こういう意見、本を待っていました!
    今や、ネットで得る情報と他の情報媒体との情報格差を比較するのが趣味になってしまった。
    ネットでは飛ばしもあるけれど、バイアスがかかっていない情報があるので、ネットでの情報が得られない人は情弱になってしまう。いかにマスコミ人が勉強不足な人が多いのかが書かれている。

  • ケントさんの本、最初の方はムッチャ借りもんぽかったけど、どんどん面白くなってくるな。しかも、長谷川さんとの対談となれば、面白くないわけないわ。
    沖縄問題はそのままメディアの問題であって、更に戦後一貫した左翼教育と自由を許さない言論があるわけで。
    北朝の危機も看過はできない。そういう本。

  • 沖縄での基地反対派の実態の暴露、今後のアジア情勢の解説。
    やはり中国の脅威を考えると、ロシアとの関係を強化する必要があるんだろうなぁ。致し方ない。

  • 『ザ・ボイス そこまで言うか!』、『そこまで言って委員会NP』、『ニュース女子』でお馴染みの長谷川さんで読んでみた。

  • 番組を見たことはありませんが、面白そう。
    大塚家具のくだりは知りませんでした。やはり、ビジネスも政治も一筋縄ではいきませんね

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文は、日本人の誠実さなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価。一方、その国民性が「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」とした。読売テレビ系『そこまで言って委員会NP』、DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』などに出演中。著書には、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』『中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇』(以上、講談社)、『日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人』(SBクリエイティブ)など多数。

「2019年 『天皇という「世界の奇跡」を持つ日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケント&幸洋の大放言!のその他の作品

ケント&幸洋の大放言! Kindle版 ケント&幸洋の大放言! ケント・ギルバート

ケント・ギルバートの作品

ツイートする