明治維新から見えた 日本の奇跡、中韓の悲劇

著者 :
  • ビジネス社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828419626

作品紹介・あらすじ

繁栄vs.衰亡という行く末はすでに150年前に決していた!中国と韓国が未だに近代化できない本当の理由!日中韓が未来永劫わかり合えない理由を歴史的大局から読み解く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 明治維新の前後の考察が面白い。
    外国の侵略・侵入を防いだのは幕府のおかげ!
    つくづく、歴史は勝者のものだな!

  • 海洋国家たる日本と、大陸国家のシナ。ま、半島はいいとして。
    その観点から説いていく。
    日本に差別がなかったとか、ちょっとその辺はもう少し丁寧に語っていただかないとあれしか残らないので。
    日本は、そもそも徳川の時代に、安定した平穏な近代国家だった。これはなるほど、いいね。ただ工業、軍事面では劣っていたわけで、それを取り入れるための維新だったわけだ。
    奴らが来なければ、それすら必要なかった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年東京生まれ。外交評論家。慶應義塾大学、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長。1977年より福田・中曽根内閣で首相特別顧問を務めたほか、日本ペンクラブ理事、松下政経塾相談役などを歴任。
著書に『昭和天皇の戦い』(勉誠出版)、『イギリス 衰亡しない伝統国家』(講談社)、『徳の国富論』(自由社)など。現在『加瀬英明著作選集』(勉誠出版)を刊行中。

「2020年 『新しいナショナリズムの時代がやってきた!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加瀬英明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田尚樹
百田 尚樹
石原 慎太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×