あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

著者 :
  • ビジネス社
2.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828419909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マクロ経済のこれまでとこれからの解説と、それに基づいたアクティブ運用による資産を増やす方法を提案。

    ========引用========
    ・アクティブ運用で年間リターン8%達成のための常勝5か条の極意
     ・① 損切り:アクティブ運用における最大の鉄則。概ね1%程度に設定すべき
     ・② 逆張り
     ・③ 利食い:損切り1%に対して利食いは3~5%
     ・④ 潮流:金利・為替・株価の変動の予測に応じてアセットアロケーションを買える。
     ・⑤ 波動:RSIやストキャスで銘柄固有の波動を読み取り、適切な投資タイミングを選定する
    ・新技術領域
     ・① フィンテック
     ・② AI
     ・③ ビッグデータ
     ・④ 電気自動車
     ・⑤ ソーラーパワー
    ・日本株価の決定要因は、企業収益、ドル円、NY株価、上海総合指数
    ・為替レートの決定要因は、経常収支変動、実質金利差、政策当局の意向

  • ミラーマンというニックネームで、本業以外の部分で一時期話題になっていたが、、、

    TRIレポートという購読者向けのレポートを出しているらしく、それの宣伝。「こんなに当たった」という宣伝文句の羅列ばかりで、今後については抽象的な内容ばかりであまり見るとことはない。

    基本的に中国には強気で、上海指数が半分になってもそれは調整の範囲内。2000を割り込むような事態になれば考えないといけないが、そうでなければ大丈夫、というスタンスらしい。

  • 投資本として、将来予測本として、その当たり外れはともかく、
    純粋に読み物として楽しく終えられた。

    試算を倍にする・・・という観点よりも、米国のトランプ大統領がどういう人物なのか、
    それに対する見立てがとても興味深かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年、東京生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などをへて、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社代表取締役。

「2019年 『25%の人が政治を私物化する国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植草一秀の作品

ツイートする