完璧な病室

著者 :
  • 福武書店
3.24
  • (5)
  • (10)
  • (33)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828823119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小川洋子の文章はいつも水のように冷たくすっと浸透してくるのだけど、「揚羽蝶が壊れる時」は彼女の文章にしては熱く飲み込みづらいような印象。
    「完璧な病室」での食事に対する不快感、食べない者の儚さはよく理解できる。

  • 小川洋子は高く評価している作家の1人だけど
    これは初期の作品・・・かな?

    今の小川洋子の作品と比べたら
    もっと生臭い?生々しい?感じがした
    今のほうが断然好きだけど
    これはこれでいいかなと思う

    時間がたったら忘れそうだし
    今に比べたらかなり劣ると思うので星はギリギリ3つ

  • 愛と愛情のはざまの感覚が描かれている。主人公の心の声はあえて入れる必要もないように思った。

  • 【完璧な病室】
    「僕は、いろいろなことを何にも知らないまま、死んでいくんだね」
    たった一人の肉親である弟の闘病の世話をする姉

    うすのろな繰り返しの生活よりも、生活感のない完璧な病室でひっそりと過ごす日々の方が、ずっと快感だ。
    けれど息苦しいのは、姉として、弟を愛しいと思っているから。
    S医師がちょっと魅力的。

    【揚羽蝶が壊れる時】
    痴呆の祖母を施設に入れてから、湧き出てくる何が異常で何が正常なことなのか。
    腹に宿る命すら異常なのかもしれないと思ってしまう思考は異常なのか正常なのか。

    生死の問題よりも、食べる、ってことが二つの話に共通することかな)^o^(

  • 美と醜のコントラストが強く、食べることをここまで不快にできるのか?!と逆に驚いてしまう感じです。いや、生命活動をそこまで汚く堕とすのですか…orz「完璧な病室」はまだ美しい表現に耐えられたけど、「揚羽蝶が壊れる時」は…ごめんなさい、ホント無理でした。介護職の経験があるので余計…。両方の主人公とはどちらとも友人になりたくないたいぷだなぁと。数年後、再読してみたら評価は変わるかな?

  • なんか,答えのはっきりしない,不思議の中に自分が最後取り残される感じが好きなんですよね。

    背後にはいろいろなことがあって,主人公の行動や言葉があるんですが,何となく分かるような,曖昧ながらも自分とオーバーラップするんです。

  • このままひっそりと無機質のように清らかに生きていけたらいいのに。

    「完璧な病室」では完璧なる清廉と生活、食からの汚染。
    「揚羽蝶が壊れる時」では正常と異常とが対極的に描かれている。
    求めるものと忌み嫌うもの対極にあるはずのものが混じり合い、
    自分の境界を曖昧に溶かしていく。

  • 同世代で同じ日本を生きている人が、こういう小説を書く、ということで、しばらくこの人の作品を気にしていよう、と決めた1冊。声高ではない、その逆で「沈黙」を軸とした物語の運びの中に、無機的なものと有機物との対比が鮮明。私は実は、日常生活の中で「有機」と「無機」について常に考えているので、表題作には、なんとなく感じるものがあったのです。もっと、これから読んでみたいなあ、って。他揚羽蝶が壊れる時

  • 2009/2/16購入

  • うつくしいお話だった。
    最後に奥付見るまで20年前の作品だとは思いもしなかった…!

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

完璧な病室のその他の作品

完璧な病室 (中公文庫) 文庫 完璧な病室 (中公文庫) 小川洋子
完璧な病室 (福武文庫) 文庫 完璧な病室 (福武文庫) 小川洋子
完璧な病室 (中公文庫) Kindle版 完璧な病室 (中公文庫) 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする