アンチ・グルメ読本 (福武文庫)

制作 : 日本ペンクラブ 
  • 福武書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828830926

作品紹介・あらすじ

食は郷愁である。高価なグルメ料理に舌鼓をうつのもいいが、ほんとうに旨いものは人々の想いや生活とともにある。旅先で出会った田舎料理、幼い頃の駄菓子やお弁当の想い出、そして普段何気なく食べている朝昼晩の食事の中にこそ、食の原点がある。味にまつわる文学随筆から辛辣なグルメ批判まで、名手32人が贈る味覚エッセイの饗宴。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美味さというより、そこに紐づく自分だけの郷愁、愛着、ゆずれないものを語るという意味で、アンチ・グルメ随筆集でした。現在はちくま文庫で発行されているよされているようです。

  • 060620読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三五年設立。

「2020年 『文章読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンチ・グルメ読本 (福武文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×