クロノクルセイド―翼よ、あれが魂の灯だ (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
  • 富士見書房
3.27
  • (2)
  • (3)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829116012

作品紹介・あらすじ

「もしものことがあったら、僕は…」ただ1人、空中での決戦に臨もうとするロゼットに、クロノは呟く。始まりはNYの片隅で発生した殺人事件だった。被害者に外傷はなく、その死顔は恐怖に歪んでいた-。悪魔絡みの事件として捜査に乗り出した悪魔祓い、シスター・ロゼットと助手で悪魔のクロノ。残された手掛かりを元に、セントルイスに飛んだ2人は、郵便飛行機乗りの間で流れる噂を耳にする。曰く-「空で異変が起こっている」と。殺人事件と噂話。一見無関係の2つの出来事の真実が見えた時、ロゼットたちにかつてない程の危機が訪れる…!!暴走シスターと心優しき悪魔の、知られざる物語がここに!!大人気コミック、初の小説版ついに登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アニメ・漫画にはまったので、小説も買いました。話はオリジナルで、原作を知らない人も楽しめるとは思います。でも原作を知っている側にすればイマイチでした。

全2件中 1 - 2件を表示

富永浩史の作品

ツイートする
×