ソード・ワールド短編集 ぺらぺらーず漫遊記 (富士見ファンタジア文庫)

制作 : 安田 均 
  • 富士見書房
3.26
  • (0)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829117903

作品紹介・あらすじ

ぺらぺらな五人組、名付けて、"ぺらぺらーず"。アレクラスト大陸は中央、大国ロマールに彼らはいた。虚弱体質な盗賊少年クレスポ。お嬢様で魔法剣士の少女ベルカナ。ワガママ怠惰なエルフ、シャイアラ。本が恋人グラスランナー、ブック。田舎純朴青年ハーフ・エルフ、マロウ。ふとしたことから冒険者パーティを組む-のではなく"ごはん仲間"となったこの五人。こともあろうか、ロマールを裏で牛耳る大組織「盗賊ギルド」に入ることに!彼らの先にあるのは、明るい冒険者ライフか、それとも-!?ソード・ワールド史上、もっとも薄っぺらな五人組のおかしくてマイペースな大冒険!ご賞味あれ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 収録作品
    『クリティカル・クリミナル』 著:北沢慶
    『グルービー・ベイビー』 著:藤澤さなえ
    『パン・マン』 著:清松みゆき

  • こう、キャラクターが弱いとリプレイ的には大変でしょうけど、小説なら逆にネタを活かしやすいんでしょうね。
    あまり、アクション要素が無く、どちらかというとシティーアドベンチャー的な内容になっているのが、目新しいところですね。
    「グルービー・ベイビー」とか、ちょっといい感じでした。

  • やっぱりぺらぺらーずは面白い。リプレイでは語られていないキャラクターの過去や裏設定なども出てきてまぁ満足。清松センセ、「赤い鎧」と「混沌の大地」の続きも早く書いてください。待ってまっせ。

全3件中 1 - 3件を表示

藤澤さなえの作品

ツイートする