機動警察パトレイバー TOKYO WAR (前編) (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 末弥 純 
  • 富士見書房
3.63
  • (14)
  • (8)
  • (28)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 146
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829125526

作品紹介・あらすじ

横浜ベイブリッジが爆破された。当初は爆破テロかと思われたこの事件は、実はジェット機による爆撃だった。しかも、自衛隊関係者がからんでいるらしいという疑惑が持ちあがり、大騒ぎとなる。その頃、特車二課の後藤隊長は陸上自衛隊調査部別室の荒川と名のる男の訪問を受けていた。荒川はベイブリッジ爆撃の有力な証拠となるビデオテープを自参し、後藤の協力を要請するが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気の狂ったやうな飯の描写はインパクトはある。
     劇場版で一瞬だけ出てくるなぞの猫のCGは、実は、アレだった。
     自動車のフロントウィンドウに出るタイプのディスプレイに映し出される、衒ひのない暗号による衒ひのないメッセージで、戦慄が走る。

  • 4829125527 176p 1996・8・15 6版

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    横浜ベイブリッジが爆破された。当初は爆破テロかと思われたこの事件は、実はジェット機による爆撃だった。しかも、自衛隊関係者がからんでいるらしいという疑惑が持ちあがり、大騒ぎとなる。その頃、特車二課の後藤隊長は陸上自衛隊調査部別室の荒川と名のる男の訪問を受けていた。荒川はベイブリッジ爆撃の有力な証拠となるビデオテープを自参し、後藤の協力を要請するが…。

  • 機動警察パトレイバー・劇場版第二弾のノベライズ(前編)。
    映画も嫌いではないんですが、映像化で削ぎ落とされた「臭い」みたいなものが感じられて、こちらの方が好きです。実は。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

押井 守(おしい まもる)
1951年生まれ。東京都出身。東京学芸大学教育学部美術教育学科卒。
映画監督・演出家。
タツノコプロダクションに入社、テレビアニメ「一発貫太くん」で演出家デビュー。
その後、スタジオぴえろに移籍し、「うる星やつら」ほか、数々の作品に参加。後にフリーとなる。
日米英で同時公開された劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(95)はジェームズ・キャメロン監督やウォシャウスキー兄弟ほか海外の著名監督に大きな影響を与えた。また、『紅い眼鏡』以降は、『アヴァロン』など多数の実写映画作品にも意欲的に挑戦を続けている。主な監督作品『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など。

「2019年 『セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押井守の作品

ツイートする