機動警察パトレイバー TOKYO WAR (後編) (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 末弥 純 
  • 富士見書房
3.54
  • (12)
  • (4)
  • (28)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 137
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829125687

作品紹介・あらすじ

横浜ベイブリッジ爆撃事件に端を発した警察と自衛隊の対立は、ついに自衛隊の出動にまで発展した。不測の事態に備えるという名目で都内各所にかり出された戦車や戦闘レイバー、装甲車、完全武装の自衛隊員たち…。それはまるで東京に戒厳令が敷かれているかのようだった。しかし、そうした過剰な防衛をあざ笑うかのように、敵はわずかな手勢で攻撃を仕掛け、都内全域を混乱の渦に陥れた。ここに至って特車二課の後藤隊長はついにある決断を下す…。「機動警察パトレイバー2THE MOVIE」の監督押井守が自ら構築した小説版「パトレイバー2」、衝撃の完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  まさか刊行直後に、毒ガスによるテロ(しかも以上にしょぼい)が起きるとは思はなんだ。
     こっちは、「戒厳令下の東京」を作るためのものなので、ちゃんとしたもの。
     恋愛もので「壁が壊れてその先に麗しの君がいてどうの」といふお約束が出るが、その「壁」は本作とかではわざわざ作ってわざわざ壊してるんださうである。

  • 4829125683 195p 1997・4・10 6版

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    横浜ベイブリッジ爆撃事件に端を発した警察と自衛隊の対立は、ついに自衛隊の出動にまで発展した。不測の事態に備えるという名目で都内各所にかり出された戦車や戦闘レイバー、装甲車、完全武装の自衛隊員たち…。それはまるで東京に戒厳令が敷かれているかのようだった。しかし、そうした過剰な防衛をあざ笑うかのように、敵はわずかな手勢で攻撃を仕掛け、都内全域を混乱の渦に陥れた。ここに至って特車二課の後藤隊長はついにある決断を下す…。「機動警察パトレイバー2THE MOVIE」の監督押井守が自ら構築した小説版「パトレイバー2」、衝撃の完結編。

  • 機動警察パトレイバー・劇場版第二弾のノベライズ(後編)。前編のキーワードが「臭い」だとしたら後編は「違和感」「既視感」。独特の後味が好きです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

押井 守(おしい まもる)
1951年生まれ。東京都出身。東京学芸大学教育学部美術教育学科卒。
映画監督・演出家。
タツノコプロダクションに入社、テレビアニメ「一発貫太くん」で演出家デビュー。
その後、スタジオぴえろに移籍し、「うる星やつら」ほか、数々の作品に参加。後にフリーとなる。
日米英で同時公開された劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(95)はジェームズ・キャメロン監督やウォシャウスキー兄弟ほか海外の著名監督に大きな影響を与えた。また、『紅い眼鏡』以降は、『アヴァロン』など多数の実写映画作品にも意欲的に挑戦を続けている。主な監督作品『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など。

「2019年 『セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押井守の作品

ツイートする