サクラ大戦〈巻の4〉 (富士見ファンタジア文庫)

  • 富士見書房
3.41
  • (5)
  • (4)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829129999

作品紹介・あらすじ

「あけましておめでとうございます!」太正十三年、正月。花組は久しぶりにのんびりとした時間を過ごしていた。黒之巣会を滅ぼし、自分たちの手で取り戻した平和を実感するかのように、正月の宴会を楽しむ少女たち。だが、その平穏は、ひとりの男の出現であっけなく消え去ってしまう。黒之巣会・死天王・葵叉丹。黒之巣会はたしかに滅び去ったはず。なのに、なぜこの男が生きているの?困惑する少女たちに叉丹は告げる。ただ一言「すべてを滅ぼす」と-。圧倒的なチカラを見せつける叉丹に、少女たちは立ち向かうことを決意する。すべては、この帝都を、愛するものを守り抜くために。シリーズ最終巻、太正乙女の決戦が、いま始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この巻は、前の巻で倒したはずの「黒之巣会」が不可解な行動があったので、隠密行動部隊の情報でその組織の一人だった葵叉丹だったが、その後騒動によってこちらの重要人物の一人が亡くなる。

  • 4829129999  224p 2000・9・30 初版

  • あぁあやめさん。

  • NoImage...OTL

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

愛知県出身。小説家、漫画原作者、アニメの脚本家などマルチな才能を持つ。代表作は『NG戦士ラムネ&40』『爆れつハンター』『サクラ大戦』など有名タイトル多数。

「2013年 『月嶋教授の“世界の成り立ち”を考える ②』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あかほりさとるの作品

ツイートする