生徒会の月末 碧陽学園生徒会黙示録2 (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
  • 富士見書房
3.99
  • (59)
  • (63)
  • (45)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 798
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829134405

作品紹介・あらすじ

私立碧陽学園生徒会-そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、楽園のご主人様(妄想)である杉崎鍵は今、美少女達を裏切り、オトナの世界へ旅立とうとしていた。いや、杉崎だけではない。いたいけな腐…じゃなくて婦女子の椎名真冬も、また。人は皆、様々な経験を経てオトナになる。生徒会のメンバーだって、例外ではないということだ。さあ、オトナの世界へ向かって飛びだそう!碧陽学園生徒会と一緒に!-ってことで、久しぶりにやってきました「黙示録」。今回も、どこに行こうとしているのか分からない少年少女達の書き下ろしが満載だ。いやー、ガッカリだよ。ガッカリオブザイヤーだよ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説などというものは難しいことなく「こんなもの」で良いと思う

  • 今回は表紙を飾る事について、アイドルたる
    クラスメイトの話に、双子の話、その他(笑)

    日常と非日常すれすれな部分を語る日常。
    またあのお姉さまは、恐ろしいほど
    素晴らしい表紙提案をしております。
    しかし一番戦慄を覚えたのは、サンタバイト。
    何この不平等!
    しかもこれを平等と言い切るその精神!
    恐ろしい子! というのは、まさにこれかと。

    心温まる…やもしれない最後、な話もありました。
    前回のアイドルについてもそうでしたが
    まったく表に出さないその精神。
    これだけだったら、うっかり惚れそうです。
    通常がなければ…うん。
    そんな彼に惚れる(?!)クラスメイトの少年(笑)
    ついに全国放送で宣言してしまいました。
    これで双子片割れの楽しい時間帯です。

    決断力と言うか、縦も横もしっかりと繋がった学校。
    うらやましい限りです。

  • 表紙は深夏×メイド服。いちおう生徒会メンバー中では深夏押しなのですが、これはちょっと微妙でした。それよりも、巻頭イラストの星野巡のグラビア(ふうのイラスト)の方に魅かれます。

    『ドラゴンマガジン』進出にまつわる生徒会での話が3話、会長がサンタさんに宛てた手紙が1話、杉崎、深夏、中目黒、宇宙姉弟など2年B組のメンバーをめぐる話が3話、そのほか、ダメ人間の真冬がはじめて新聞配達のアルバイトをする「椎名真冬の月末」と、深夏が生徒会のメンバーとゲームをするために奮闘する「椎名深夏の月末」を収録しています。

    会長からサンタさんへの手紙は、初めこそ萌えたのですが、途中からだんだんウザくなってきます。これが「アカちゃんクオリティ」でしょうか……。

    杉崎、中目黒、宇宙守が巡と同じ事務所のアイドルと合コンをする話は、途中まではよかったのですが、最後の展開は余計だったかなという気がします。単に、こちらがああいうストーリーを読みたいわけではなかったという、個人的な理由にすぎないのですが。

    「椎名深夏の月末」も、最後に意外な展開が待っていましたが、こちらは悪くありません。杉崎カッコよすぎです。

    それ以外では、杉崎がバイトをしているコンビニに宇宙姉弟がやってくる「杉崎鍵の放課後」が単純に楽しめます。そして守が不憫すぎます。

  • なんか分からんけど
    あんまり楽しめなかったなあ(´ ` ;)
    途中読み飛ばしてまったところもちらほら。

  • 番外編といっても…。。。いつもどおり。
    敢えて言えば、あたしは2年B組の話が好きです。

  • 漫才の台本みたいで笑えます。そんな中にも心温まる話などもあっておもしろいです。絵は萌えですがほのぼのとしたおススメシリーズ。メインストーリーでは名前しか出てきていない人物やクラスにも焦点があたる番外編集です。

  • タイトル*生徒会の月末 碧陽学園生徒会黙示録2
    作者*葵せきな
    出版社*ファンタジア文庫

     私立碧陽学園生徒会__そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、楽園のご主人様(←妄想)である杉崎鍵は今、美少女達を裏切り、オトナの世界へ旅立とうとしていた。いや、杉崎だけではない。いたいけな腐……じゃなくて婦女子の椎名真冬も、また。
     人は皆、様々な経験を経てオトナになる。生徒会のメンバーだって、例外ではないということだ。さあ、オトナの世界へ向かって飛びだそう! 碧陽学園生徒会と一緒に!
     __ってことで、久しぶりにやってきました「黙示録」。今回も、どこに行こうとしているのか分からない少年少女達の書き下ろしが満載だ。いやー、ガッカリだよ。ガッカリオブザイヤーだよ!

  • ま さ に 木彡 山奇 金建 祭
    全ての杉崎要素が詰まった最高の一冊。

    個人的な評価が右肩下がりなシリーズだったが、ここに来てすごい面白いのが出てきた。
    本編なんていらんかったんや!

    「杉崎鍵の放課後」は個人的には最高傑作。
    コンビニのバイトをする鍵と守とのやりとりが面白すぎる。

    そして中目黒が素敵すぎて泣ける。
    天然でここまでBL感を出せるのはさすが、鍵の強敵www
    そして杉崎女装Ver.で心動いてしまった私はどこへ行けばいいのでしょうか・・・

    そして真冬ちゃんがゲームのためだけにアルバイトに挑戦する「椎名真冬の月末」も個人的にはお気に入り。
    ダメ人間はバイトをやると・・・わかってはいるはずなのに真冬ちゃんのダメっぷりに笑ってしまった。

  • 読了。

  • 生徒会シリーズの短編集でもあり外伝でもある生徒会黙示録の2冊目。
    本編とはまた違った面白さがあると思います。宇宙兄妹は色々と残念すぎるw とにかく深夏が可愛いと思う。
    個人的にコンビニでのやりとりがかなり面白かったです。
    次の生徒会の火種も読みたい。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あおいせきな。「マテリアルゴースト」で、第17回ファンタジア長編小説大賞〈佳作〉を受賞。同作品で全6冊刊行。第2作「生徒会の一存」シリーズは累計600万部突破の大ヒットシリーズとなる。

「2020年 『ゲーマーズ!DLC3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葵せきなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

生徒会の月末 碧陽学園生徒会黙示録2 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×