アリアンロッド・サガ3 ロンサム・ヒーロー (富士見ファンタジア文庫)

制作 : 佐々木 あかね 
  • 富士見書房
4.07
  • (5)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829135396

作品紹介・あらすじ

女王・ピアニィに呼び出され、城に戻った剣豪・アルのもとに旧知の女スパイ・ナーシアから衝撃的なメッセージが届いていた。「テオドールの真実をここに。-竜殺しの剣」かつて自分を斬った後、絶命した師匠・テオドールの名と、世界の裏で暗躍する組織・バルムンクの文字に驚愕するアル。女スパイのもとへと出国したアルの前に現れたのはバルムンクが一人、ファラフナーズだった。彼女は怪しい微笑みを浮かべながらこう告げる。「ようこそ、アル・イーズデイル。…我らがバルムンクへ」果たしてアルは、ナーシアを見つけ出して師匠の死の謎を解き、忌まわしき過去との決着をつけることができるのか-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本格的な英雄譚にライトノベルをふりかけた逸品

  • アルを主役にしての物語の完結編ということでやっぱり避けては通れない、師匠テオドールの真実について知る顛末が描かれてます。
    アルの抱えていた事情が明らかになるのは嬉しい反面、秘密のままでも良かったのになーと思ったりもするファン心理(笑)。

    アルのキャラクターを掘り下げるとなると、結末はテオの話になるのはわかるのですが、導入のほうがちょっと力技に感じるかな。まぁ、姫様たちと切り離さないと、個人の設定を掘り下げるには火力が大きすぎて大変なのですが。

    小説版はひとまず完結ということなので、今後はリプレイ本編を心待ちにしようかと。

  • アリアンロッド・サガ(無印)スピンオフ作品、アルを主人公としたノベルも本巻が最終巻・・・となるようです。
    元々のリプレイが未完のため、なんとも物足りない気がします。
    それにドラゴンマガジン掲載の短編は?

    しかし
    アルの師匠、テオドールの過去
    暗躍するバルムンク・ファラフナーズの目的
    さらにアルディオン大陸の初代統一帝国・フェリタニア
    これらが明らかになるのは、現段階この本が最初でしょう。

    そういう意味では、アリアンロッド・サガに興味を持っている方にはもってこいの一冊だと思います。

    なお、リプレイデータ上ではアブソリュートギルド最大の筋力を持つアルも、テオからすれば「筋力が無いので、速度で対抗しろ」となるようで。

  • ピアニィからの呼び出しで急いで城に戻ったアル。そこにはナーシアからのメッセージで一言「テオドールの真実をここに。」とあった。師匠の死の謎、忌まわしき過去と決着をアルはつけることができるのか!?

全4件中 1 - 4件を表示

アリアンロッド・サガ3 ロンサム・ヒーロー (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

矢野俊策の作品

ツイートする