スカイ・ワールド4 (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
  • 富士見書房
3.90
  • (7)
  • (14)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829138809

作品紹介・あらすじ

プレイヤーのごくわずかしか辿り着くことができていない第四軌道を目指すジュンたちは、二十四人のパーティーを結成し、『フエルファイ・キャンペーン』に挑む。そんな中、かすみやエリたちにも心境の変化が――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 魔法と科学技術が同居する無数に浮かぶ島から島へと飛空挺で旅をするRPG『スカイワールド』
    しかし、運営1週間で数万人のプレイヤーが閉じ込められてしまって……
    最終目的地、浮遊島アイオーンを目指す冒険ファンタジーの第4弾。
    今回は第4軌道に向けてのフエルファイキャンペーンに挑む。

    最後の展開は物凄い引きではあったものの冒険を主体とするラノベなんだから第4軌道へ向けて行うクエストをもっと細かくやってほしかったかな。
    それとラブコメ要素を出さないと言いながらパーティがハーレムなだけにやっぱりぞういった要素が増えてきてしまったのも残念かな。
    でも面白かったよ!
    あと、色々と登場人物が増えてきたので一度整理して欲しいな!

  • ぐっと核心に対する考察が増えてきた感じ。
    はたしてこの世界はどんな世界なのか、今後の展開が楽しみ。
    いい所で終わるので次巻を早くお願いしたい感。

  • ジュンが知ってることをパーティ(ハーレムでも可)メンバーに伝えて繋がり強化に終始してた印象。最後の引きの展開上、今回でいろいろ根回ししておいて次で盛り上がるかな?表紙や最初の口絵ピンナップどおり結構なエリ回でした。個人的には口ほど免疫のないユーカリアが可愛かった。その割を食ったか、メイン(と思しき)聖女さんが出番減少。ヤンデレの素質もチラホラ見えないこともなかったが(苦笑)そうならないことを願いつつ。対サクヤはラヴより友情の方が強そうなんだよな。

  • さて、、、六人揃って、、、

  • 2013/04/20
    ⇒中古待ち
    ⇒まんだらけ 315円

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー

「2020年 『監獄勇者のやり直し2 貶められた最強の英雄は500年後の世界を自由に生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬尾つかさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×