ドラゴンランス戦記〈6〉天空の金竜 (富士見文庫―富士見ドラゴン・ノベルズ)

  • 富士見書房
4.34
  • (17)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829141069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この物語の魅力は、何よりもキャラクターの造形にあると思う。

  • 仲間達に見守られレオルクスの元に旅立つ<老ドワーフ>フリント。ローラナを救うため、ドラゴン卿キティアラに自らを捧げるハーフエルフのタニス。力を得た魔術師レイストリンがかつての仲間達に「借り」を返し、物語は遂に大団円を迎える。ドラゴンランス戦記完結篇!

  • とうとう、ドラゴンランス戦記が終了。
    久しぶりに読んだのだが、面白かった。
    しかし、浮遊城塞内の攻防は、文章を読んでいても頭の中にイメージが湧いてこない。
    展開が早すぎるのか。

    高校生の頃に読んだ時には心に残った描写が、今読んでみたらあっさり終わったように思うことがしばしばあり、
    今読んでみると、なるほどそうなのかと納得できるところもあり。
    これこそ読書の醍醐味か。

    6巻にはゴールドムーン夫婦は登場せず。
    今回もなぜか違和感を覚えた・・・

  • とりあえず終わった。
    でも、まだまだ続きがあるんだな。
    レイストリンがどうなったか描写がないもんな。
    というわけで、話は伝説に続きます。
    そちらは数年後の話だけど。

  •  2009年5月8日再読

全5件中 1 - 5件を表示

マーガレットワイスの作品

ツイートする
×