業多姫〈2之帖〉愛逢月 (富士見ミステリー文庫)

著者 :
  • 富士見書房
3.48
  • (5)
  • (1)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829162064

作品紹介・あらすじ

「怖くはないのか」少年は言った。身のうちのどこかが、ひどく痛むかのように。少年は、闇を抱えていた。自身ですら気付かない深い闇を。「…怖いわ。けれど、颯音。あなたと共にいられるのなら」茜色の夕日が小さな部屋に射し込み、片隅に座る少女-鳴を照らし出した。異能の力を持つ故に"業多姫"と呼ばれる少女・鳴。異能集団「狐」から、鳴を守ることを誓った少年・颯音。二人は旅立った。全てを捨てて。二人だけで。けれど、共にあることのできる時間は、あまりにも短かった。戦が戦を呼ぶ戦乱の世。二人の絆が、試される-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カバーイラスト・口絵・本文イラスト / 増田 恵

  • シリーズ2作目

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究にたずさわったのち、2003年作家デビュー。著書に『平家物語 夢を追う者』『竹取物語 蒼き月のかぐや姫』『枕草子 清少納言のかがやいた日々』『紫式部日記 天才作家のひみつ』『南総里見八犬伝(全3巻)』『真田十勇士』『雨月物語 悲しくて、おそろしいお話』『日本の神さま 古事記の物語』(いずれも講談社青い鳥文庫)、『小説 ちはやふる中学生編(全4巻)』(講談社)ほか多数。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属。

「2019年 『ちはやぶる 百人一首恋物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時海結以の作品

ツイートする