GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)

著者 :
制作 : 武田 日向 
  • 富士見書房
3.62
  • (167)
  • (182)
  • (412)
  • (19)
  • (6)
本棚登録 : 1556
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829162293

作品紹介・あらすじ

聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女-ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を-。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中1のころのジャケ買いで桜庭さんの本に出会いました。
    本当に好きで毎回発売が待ち遠しかった記憶があります。
    表紙イラストなどが載っている栞を集めたりドラマCDも買いました^^

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

    ヴィクトリカが可愛くない。
    嫌な女の子って思っちゃった。
    ストーリーも殺し合いみたいな感じは好きじゃないかも。

  • 留学生の九條一弥と図書館の屋上で謎の少女・ヴィクトリカのやりとりが何とも小気味よい。面白くないわけじゃないのに、ものすごく読むのに時間がかかった。2巻以降結構出版されているようだけれど、どうしようかなぁ。

  • 留学生で十五歳の久条一弥と、学園の迷路のような図書館塔の上の上に軟禁された、退屈の中で混沌を望み、欠片を再構築して言語化してみせる人形のような外見のヴィクトリカのコンビがとても可愛くて和む。閉じ込められた船上で再現される、酷似した船上で十年前に殺し合いをさせられた十一の国籍を持つ孤児たちの謎。再読。

  • これをすすめてくれた友人に感謝します。

  • アニメ版が終わって忘れた頃に読もうと思ってようやく着手。
    まあ、流石にインパクトが強かった最初はほとんど覚えていてなぞる形になってしまいましたが、アニメ版は良作だったと言う事が分かった感じでもありました。

  • 初の"桜庭一樹"作品を読み。

    怪しげな豪華客船の中で一人また一人と殺されていくよくあるお話。
    1巻なので船に乗ってた人がもう少し物語に関わるのかと思ったのだけど、結局残ったのは主人公二人だけでしたか。
    まだまだ可もなく不可もなくと言った感じだけど、最後まで読んでみよう

  • 【455】

  • ドラゴンマガジンに掲載された時から追っかけてるシリーズ。ビーンズ文庫と両方持ってるので両方登録。ミステリー文庫のほうは作者の出身校が伏字なしで乗っちゃってるんだよね・・・

  • ラノベらしく、楽しくサラッと読めました。登場人物のキャラも個性的で面白かったし、演出(?)もドラマか映画を観てるようで良かったです。ただ グレヴィールのキャラが謎解きは…の風祭警部補に思えて仕方なかったのだけど。

全170件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする