マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ミステリー文庫)

著者 :
制作 : すみ兵 
  • 富士見書房
3.53
  • (58)
  • (43)
  • (154)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 433
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829162330

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あぁ、大好きさ。
    誰が何言っても良いけど 好き。

  • どうやって考えてんだろう<br>
    思わずそう思ってしまう世界観。<br>
    一度は夢見る世界がそこに。


  • ミステリー文庫なのにミステリーじゃない!と思った。
    しかしファンタジーが好きなのでとても好きな作品。
    カードゲームしてます。なんだこれwwww

    取りあえずバーチがかわいい。

    ラブ要素が見え隠れ。

  • 聞かれてもー(笑)。一応レーベルは「ミステリー文庫」なんですがミステリーというよりはファンタジー。まあそんなことよりなにより、この作者の一番好きなところは文体です。いっそ口調とか言えそうな軽さ。

  • 前半でいなくなったアウレカ(脇役)が気になってしかたない。レギュラーだと思ったのに。いまいちだったなぁ

  • 飄々とした天然主人公、格好いい!とは言い難いけどきゅんとくる。

  • <b>探偵</b>に惹かれて購入。<br>
    予想よりも面白かったです。今まで読んだ事のない文章体が良い感じ。<br>
    マルタとリッツの<b>微妙な関係</b>が萌え心に火を付けます。

  • 野梨原花南の本はサクサク読める。アッサリサッパリ。
    アウレカかっこよかったんだけど消えた(笑)

  • 途轍もなくめんどくさがりな主人公がひょんな事から『ある事』に巻き込まれてしまう、って話です。決して『ミステリー』ではない、けれど『名探偵』の物語。シリーズ1作目。

  • これは久しぶりに当たりかも知れないvv<br>
    マルタ(主人公)は、最初登下校が面倒臭くて学校を辞めてしまうぐらい無気力少年だったのですが、話が進むにつれて泣いたり熱くなったりする一面も出てきて、普通の中高生と何ら変わらなく思えてきました。久しぶりに味わった野梨原さん独特の空気も良かったです。ただ、カードを使ってどんな難題も一発解決!みたいな感じで話が終わるので、純粋な推理小説が読みたい方にはオススメ出来ないかも^^;

全53件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

作家。富士見L文庫での作品に「マルタ・サギーは探偵ですか?」シリーズ、「妖怪と小説家」などがある。

「2017年 『鳩子さんとあやかし暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ミステリー文庫)のその他の作品

野梨原花南の作品

ツイートする