平井骸惚此中ニ有リ (富士見ミステリー文庫)

著者 : 田代裕彦
制作 : 睦月 ムンク 
  • 富士見書房 (2004年1月10日発売)
3.37
  • (13)
  • (20)
  • (74)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :194
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829162347

平井骸惚此中ニ有リ (富士見ミステリー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実際の歴史(大正時代)を混ぜ込んだ推理物。毎年買ってる「このライトノベルが凄い!」で紹介されてたので呼んでみたのですが、大当たりでした。独特の文体が最初は読みにくいかなと思っていたのですが、しばらくすれば慣れ、もうしばらくすればはまってしまうという恐ろしい文体(笑)主人公がタイトルに出てくる平井骸惚先生ではなく河上太一というその先生のお弟子さんなのもまた良し。しかも河上くんは推理小説の主人公としてあるまじきことに「迂闊」で「粗忽」な「お調子者」(笑)主人公は河上くんだけど推理するのは骸惚先生っていうのも面白いです。骸惚先生の二人のお嬢さんもまた可愛らしいのなんのって!ツンデレの涼嬢もいいけど個人的には撥子嬢がお気に入り。

  • 「えっ、これでお終い?」という拍子抜けな結末でした。中盤まで事件が起こらず、事件が起こったと思ったらあっさり解決という……。事件も200ページ超の作品を支えるには力不足という印象で、短編にまとめていたらもっと良い仕上がりになっていたのではと憶測します。

  • 富士見ヤングミステリー大賞(3回)

  • トリックははっきりいって、物足りない。が、その講談調の文体は、独特かつ読みやすく、魅力的。

  • 文体が特徴的で、
    テンポよく読めて面白かった。

    内容はそんなでもないが
    ラノベだし、
    これぐらいが丁度言いのでは。

  • 全5巻完結 第3回富士見ヤングミステリー大賞、大賞受賞作

  • 探偵役のビジュアルが京極夏彦の百鬼夜行シリーズに出てくる中禅寺さんみたい。
    ライトノベルで、ちゃんとギャグとかも入っててすごく読みやすいし推理小説としても、うん、私は面白かった。
    主人公とヒロインの掛け合いも可愛いし、妹とか奥さんとかの脇役もいい感じ。
    大正っていう時代設定も私は好きだ。

  • 中学生のときに昔ながらの少年少女物語はないだろうかとついぞ探していたときに見つけた本。表紙のイラストのレトロさと雰囲気が自分の捜し求めたものにマッチし、購入。ミステリーとしてはまあまあだったのかもしれなくもないが、古風な文体と河上君と涼嬢の男女が気に入りったので星三つ。

  • うーん、、話はそれほどでもないのだろうか、、
    オススメ度が3・5。。。。

    私は3で!
    文章の書き方が古風で面白いですね。
    推理小説としてはもう少し長いほうが良かったかな、

    睦月ムンクさんの絵が結構好きです。
    和服は良いねぇ、なんぞ思いました。

    骸惚先生がカコイイ。
    なんかカコイイ。
    『荒野の恋』のパパさんぽいね。
    物書きは総じてああいうイメージなのでしょうか、?

  • この時代設定は無条件で好きです。
    古き良き探偵小説といった風情。
    先生の存在感があんまりないかしら?

全24件中 1 - 10件を表示

田代裕彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

平井骸惚此中ニ有リ (富士見ミステリー文庫)に関連する談話室の質問

平井骸惚此中ニ有リ (富士見ミステリー文庫)に関連するまとめ

ツイートする