ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん (富士見ミステリー文庫)

著者 :
  • 富士見書房
3.31
  • (3)
  • (10)
  • (38)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829163078

作品紹介・あらすじ

健一はなんとなく迷っていた。目の前に倒れている少女は、綾さんじゃないだろうか?こんな風に倒れている綾さんを助けた後、ぼくは童貞を失った…はずだった。「私は誰なんでしょ-?」突如、綾は叫んだ。記憶を失ってまともになってしまった綾。普通の感覚で毎日を生きる彼女を13階の住人たちは綾夜と呼び、日々を送るのだが…。健一の日常から去っていたホタルのその後、そしていままで謎とされてきた刻也の日常。そしてつき合っている彼女・鈴璃との関係。少年と少女たちの日常はあるゆっくりとビートを刻みながら前に進んでいく。本編では語られないエピソードを健一や仲間たちの視点から描く。時に可笑しく、時に切ない健一の恋愛を探求する物語、書き下ろし初短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は短編集
    頭を打って、普通の人になった綾と存在だけは語られていた八雲の彼女、最後は離れ離れになった蛍の現状とういう3本になる。
    普通になった綾は特に違和感ないキャラクターだったな性格が変わる場合は戻ったほうがいいのか、そのままがいいのかという話題になるが元々の綾の置かれた状況と性格の変わった綾の性格を考えると元々の性格のほうが幸せのような気がしたね。
    八雲の彼女の話はいままでつかみ所のなかった八雲の人間らしさが出ていたね。それと八雲もマンションの13階に選ばれるだけの事情は抱えていたみたいだね。
    蛍の現状は健一と離れ離れになったのは当然の事態だったのだろうけど、両親のワーカホリックが読んでいて、背筋が寒くなってくるね。相手企業にも迷惑だから休めと思うよ。
    母親の方は健一の事を完全に見捨てたような感じだったけど、父親の方は気にかけているようだが、今まで放置していたんだから文句をいわれてもしょうがないよな。

  • 4829163070  250p 2005・6・15 初版

  • この作品は、相手を気遣いすぎる対応しているから、ややこしい関係に発展していくのかなと思った。

    あー、それにしても謎がまだまだ多すぎる。
    新たな謎も生まれたし。
    読むんだろうなぁ。知りたくてしょうがないもの。

  • 未読

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。ゲーム業界出身。「戦国コレクション」のTVアニメ化の際、脚本も執筆。代表作に「ROOM NO.1301」(富士見ミステリー文庫)「俺の教室にハルヒはいない」(角川スニーカー文庫)等がある。

「2018年 『忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井輝の作品

ツイートする