だれにも言えない (プラチナ文庫)

著者 :
  • プランタン出版
3.30
  • (5)
  • (6)
  • (26)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 83
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829623152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  そりゃあ、いえんだろ!! ってゆーツッコミが一番正直なところ。
     それにしても……攻めが女装は、私の中でばっちり有りだと思います!!(爆)わがままを言わせてもらえば、この綺麗な挿絵で見てみたかったですが。うん。(ぇ)
     つぅか、男の最高の美人は女装が似合う人、だと思うのよね。
     だから、そーゆー意味ではこの小説ちょーいい。
     ちょっぴり、攻めがぶっ飛んで、ぶっ飛び過ぎてて、地球を一周半回ってきちゃってるような小説を書きたくなった(爆)

  • タイトル:だれにも言えない
    著者名:高月まつり
    イラスト:樹要
    出版社:プランタン出版
    シリーズ名:プラチナ文庫
    発売日:2006年2月
    ISBN:4829623152
    税込価格:580円

    ■Story■
    美形カリスマデザイナー・愁に一目惚れされた祐貴。
    ショップ店員として働き出すが―「『患者と医師の禁断の愛』という
    シチュエーションでお仕置きだ」失敗する度、イメクラでのお仕置きが。
    そう、愁はコスプレ・イメクラフェチだったのだ。
    学ランで先輩後輩プレイ、シスターと神父様の懺悔プライetc.
    恥ずかしくって堪らないのに、貯金が趣味の祐貴は試着1回1万円につられて、
    乱れてしまい…いつの間にか、イメクラシチュエーションがないと、
    感じない体にされちゃった!?


    ■感想■
    なんとも変態な話だ。
    イメクラシチュエーションじゃなないと感じないなんて…(笑)
    しかし、イメクラの世界に没頭ができるのは
    相手が麗しい姿だからこそ、できることだと思う。
    そうでないと、すぐに現実に引き戻されることになりかねない。
    仕事は真面目、料理は絶品、財産は申し分ない、容姿端麗、
    そして何より自分を心から愛してくれる相手なら
    イメクラ好きな変態なんて、大した問題じゃないぞ、祐貴!(爆)

  • amazonレビュー
    美形カリスマデザイナー・愁に一目惚れされた祐貴。ショップ店員として働き出すが―「『患者と医師の禁断の愛』というシチュエーションでお仕置きだ」失敗する度、イメクラでのお仕置きが。そう、愁はコスプレ・イメクラフェチだったのだ。学ランで先輩後輩プレイ、シスターと神父様の懺悔プライetc.恥ずかしくって堪らないのに、貯金が趣味の祐貴は試着1回1万円につられて、乱れてしまい…いつの間にか、イメクラシチュエーションがないと、感じない体にされちゃった。

    感想
    美形なのに変態な愁の言動が楽しすぎますw
    それになんだかんだと言いつつ付き合う祐貴も可愛い!
    基本楽しいけれど、胸キュンもちゃんとありますよ^^

  • イメクラもの。ふふ

全5件中 1 - 5件を表示

高月まつりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×