調教マエストロはスレイブに愛をささやく (プラチナ文庫)

著者 :
  • プランタン出版
3.00
  • (3)
  • (2)
  • (25)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 95
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829623381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 調教ものなのに、なんか笑える。調教一家ってすごい設定だな…。

  • 評価 ☆2.5

    調教ものにしてはぬるい感じ。
    もっと淫猥で秘匿な感じかと思っていたのですが。

    あと、タイトルにある スレイブ という言葉を連呼しすぎるようにも思えました。

  • 高校生な調教師×教師なスレイブ。

    タイトルからしてぶっとんでますが、この作品はとにかく設定がぶっとんでる(笑)
    そこを笑って見逃せる人なら楽しめる作品だと思います。完全にコメディです。
    ややこしい設定抜きで考えると優等生だけどちょっとワガママな高校生とヘタレ気味の教師なので、そういう設定が好きな人にこそおススメします。

    濡れ場は道具を使ったりはしますがあんまりヒドイ感じの描写はありません。ライトな調教って感じ。量は結構あります。

  • やらしいカラダ。先生のくせに。いやらしくて可愛いラブスレイブ―。灼けた吐息で囁かれながら、とろとろの体を辱めで愛撫される。熱くて甘くて、ただれた滴りが溢れてぬるつくようでたまらない…っ。あの日、淫らに縛られ目覚めた諒司を待っていたのは、美貌の学園のキング、幾原恵の調教だった!?優等生だったはずの生徒から与えられる屈辱と羞恥をスパイスにした悪魔の愉悦。なぜこんな事をするんだ?悔しくて気持ちよくて思わず―。

全7件中 1 - 7件を表示

高月まつりの作品

ツイートする
×