ふたりのはなし。 (プラチナ文庫)

著者 :
制作 : 井上 ナヲ 
  • フランス書院
4.14
  • (49)
  • (40)
  • (23)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 350
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829625040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『きみのはなし、』『ふたりのはなし。』下巻になります。
    引き続きちょっと朝丘作品にしてはがっかりだった、読むのしんどい系でした。
    でもとにかく丁寧に書いてあって、過去と現在を行ったり来たりしながら、二人の関係をじっくり書いてある作品です。
    キス止まりだったのに飛馬がついに海東を受け入れたことで関係が進展するかと思いきや海東がもう飛馬崇めちゃってるので全然進みません。飛馬もせっかく・・・なのになんかもう生殺しです・・・。
    でもとにかく大事に二人で育んできた関係なのでお互いになくてはならない存在としてこれからもずっと続いていくんだろうなぁというのを感じられる作品です。

  • きみのはなし の続編。
    今と過去をいったり来たりしながら話が進んでいきます。

    きみのはなし で うまくいったねーよかったねー。と穏やかに終われると思ってたのに、一体なんなの?このすれ違いは。。。と
    ちょっと、、いやかなり むずむずしながら読みました。

    結局は収まるところに収まるんですが、途中何度、ゔ〜〜〜〜〜といいながら、話の中に割って入りたくなったことか。

    でも考えてみたら、恋愛ってこんなふうに進むのかもしれない。
    順調なようでも順調なのは順調と信じたくてそういう風に動いてるからだけかも。。

  • 『きみのはなし、』の続編。やっと恋人同士になった飛馬と海東。自分の気持ちを自覚してからの飛馬が可愛い♡
    この二人は絶対離れずに最期まで一緒にいるだろうな(*^^*)

  • 自覚した途端ものすごいかわいい生きものになっちゃった・・・飛馬ww 
    なんか2828しちゃったよ

  • 相変わらず秀逸な文章だった。
    前巻に比べて変化したふたりの関係。
    作者さんの、作品やキャラクターに対する愛情感じられた。
    挿し絵がないのにはビックリしたけど、こんな状態でも出版に踏み切った編集部もすごいと思う。作品やファンのためなら、多少の冒険も許してくれる気概を持った、編集部なのかな。

  • 恋人編。
    攻めの意外な性格はいい意味で良かった。
    あの2人きっと将来は籍を入れるなww
    前作のラストの引きは大したことなかったww

  • 前作からの続きになってます。
    恋人になってからの飛馬と海東の話で、高校時代のエピソードとか
    同棲するようになったエピソードだとか、盛りだくさんな内容。
    前回は海東が飛馬を好きで好きで好きで好きで好きで……みたいな
    報われないひたすら一方通行のような話でしたが、今回は恋愛感情に
    気づいた飛馬が、海東を好きで好きで好きで好きで好きで、な話。
    となれば相思相愛でめでたしめでたしになりそうなもんですが、
    どういうわけかすれ違いまくります。
    なんだか海東のとんでも勘違いにより、飛馬が空回り。

    ほのぼのしてて、甘くて、凄くキレイで愛おしい話です。

  • だけど俺は、おまえしかいない。

    あすまのこのくだりにポロりときた。
    天涯孤独だけど、周りから好かれる海東と天涯孤独ではないけど、突き放してひとりぼっちだったあすま。
    補ってひとつみたいな凸凹で、好きすぎるけど敬愛に違い感情で焦れったくなってるのとか面白く読めた。

  • はやく結婚すればいい

    ごちそうさまでした

  • きみのはなし、の続き。やっぱりこの話の空気が好きだなと改めて思った。難しい表現もお洒落でかっこいい表現もないけれどそれがいいというか、作品にあっていて、この二人にあっていて。
    飛馬が凄い可愛いな!って思えたりとか海東良かったね!なんてじんわりしながら読めて凄く楽しかった。
    最後はこの二人の話がもう読めなくなるのかと思うと少し寂しくなったりもした。有意義な時間を過ごせたなあって思える作品。

全21件中 1 - 10件を表示

ふたりのはなし。 (プラチナ文庫)のその他の作品

ふたりのはなし。 Kindle版 ふたりのはなし。 朝丘戻。

朝丘戻。の作品

ふたりのはなし。 (プラチナ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする