ハーレムナイト 秘された花嫁と灼熱の楔 (ティアラ文庫)

著者 :
制作 : えまる・じょん 
  • フランス書院
3.53
  • (5)
  • (15)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829665589

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり性表現の強い作品です。
    でもそればっかりかなぁって気もして、
    内容があるようなないような…

  • ヒロインはもう痴呆のままでよいです。
    次男が「かゆ・・・うま・・・」とか言い出しそうなのも気にしません。
    候な末っ子もありでしょう。
    傲慢なのに純愛な長男さえ居ればそれでいいです、
    自分の気持ちが恋だと気づかず、ぐるぐる回ってるがいいさ!

  • 【エロ注意】まさかの4p(笑)
    漢気溢れる挑戦ですね。水の乙女に選ばれた主人公が、三人の王子にあれやこれやされるお話。

    ワイルド系の長男に、占いが得意で主人公を運命の相手という次男、腹黒く甘えネコかぶりな三男。

    登場人物多い割に、ちゃんとキャラは生き生きしてた気がします。限られたページ数でこれだけしてるのがすごいなぁ。ただ、複数だから誰がナニしてるのかわかりづらかった(笑)

    ある意味面白かったです♪

  • ここまでぶっとんだのは見たことない(笑)
    いい意味で大変好感がもてる。

  • ◎総合評価 3
    ◆ヒロイン 4  ◆ヒーロー 4
    ◆純愛 4    ◆情熱 5
    ◆さわやか 1  ◆セレブ 5
    ※設定も話の展開もスゴイ・・・。

  • 幼い頃に両親をなくして、官女として暮らすラティファが、突然3人の王子に求婚されることに。

    誰を選ぶのか期待したのですが、最終的には誰も選ばず、4人一緒ってところがちょっとがっかり。ラティファが王様に言ったみたいに、3人もなーんか決め手に欠けるんですよね。

    私的には、オレ様な長男エルサンが時折見せる優しさとか、ラティファに見とれたり、ムキになっているところが好きで、次男のムスタフはちょっとキモイ感じがしました。次男よりかは三男のハリルの方がいいかなぁ。

    ただ、後半のH描写が、全部4Pなのは、誰の手がどこで・・・とかって混乱しちゃって、たまには1対1にしてくれてもよかったです。くどいっていうか、ちょっと食傷気味になりました。

  • シチュエーションは「罪深き愛につつまれて」マヤ・バンクスと同じ1対3兄弟の4P。バンクスの方は1対1の場面もあるし評価もあっちが上だけどティアラ文庫にしてはがんばってますね。
    マグノリアのHP、無料読み切りで比べても楽しいよ!!

  • 主人公の相手役の男は三人いても、どいつも自分の考え(=主人公は自分のもの)を押し付けるばかりで好感が持ちづらかった。比較的マシな次男ですらやはりそのへんは同様だし。
    また、Hは前半は貞操帯付き、後半の本番が解禁されてからは常に三人同時に相手というのが落ち着きなくていまいち。順番にひとりひとり相手にし、最後に4Pという構成にしてくれればよかったのに。もっともそんなふうにしたら、三人の間に後先の順列ができてしまってまずいという判断はわかるが。

  • 攻めの男性陣が最高でした。私は次男がとっても好みですお!
    俺様気質に、不思議系、王子様ともう楽しい3兄弟に攻められる主人公が可愛くて可愛くて・・・!
    その兄弟達にあるギャップがまた最高でw
    読み返したいと思える文庫でした

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

仁賀奈(にがな)
小説家。主にティーンズラブ小説、BL小説のジャンルを手がける。代表作のひとつ『シンデレラ・クルーズ』を刊行したフランス書院ティアラ文庫をはじめ、多くの出版社から著作を刊行し続けている。

ハーレムナイト 秘された花嫁と灼熱の楔 (ティアラ文庫)のその他の作品

仁賀奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする