Baby Doll: 義父と義兄に奪われた夜 (ティアラ文庫)

著者 :
制作 : 相葉 キョウコ 
  • プランタン出版
3.68
  • (4)
  • (12)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829666678

作品紹介・あらすじ

母に捨てられ富豪の養子になったマリアン。優しい義父と義兄に囲まれ幸せに暮らしていたら、名士からの縁談で二人が豹変!!「君の身体に触れていいのは私だけだ」「ずっとマリアンを抱きたかったんだ」義父に獣のように奪われた純潔。嫉妬した義兄には監禁され昼も夜も責められてしまう。三人で睦み合う淫靡な夜を経て気づいた想い。父と兄を男として愛し始めたマリアンの選択は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 義父と義兄が嫌味を言い合ったり嫉妬したりの取り愛。
    今作の主人公は、今までのようにイラつくほど思い込みの激しいタイプではなかったのでストレスなく読めた。

  • いつものヒロインとは違うところが良かった。それさえなければこの方の作品はすごく好きなのだが。いつものヒロインは勘違いで突っ走り過ぎて。
    挿絵も丁寧で綺麗。

  • 【エロ注意】母に捨てられたマリアン。優しい兄達に育てられてきたのだけど、2人が自分を女として見てるのを知って……みたいな内容。

    寡黙で優しい包容力のある父代わりのブレンダンと、甘やかしてくれる王子のような兄のジェイラス。
    タイプの違う2人から愛されちゃう話なんですけど、全体的にエロいです。つーか、絵がエロい。

    マリアンが家にきて、3人が家族になっていく過程が好きだなぁ。まぁ短いんですけどね!

    当て馬にもなってない首相一家が、踏んだり蹴ったりすぎて笑えましたww
    オチも大胆で、これくらいの方が楽しいです。

    ヒロインが可愛くて大変よろしかったです!

  • 【借り】

    TL小説業界で大人気の仁賀奈さんの本を初めて読んだ
    好みの問題でいえば好きじゃない。
    どこにも何も萌えない

    読んだ本が悪いのかもしれないので他2冊買ってきた。
    それが無理ならTLは合わないんだと思う。

    義父 義兄 S系

    3P アナル レイプ 風呂場

  • まさかの法律変えてまでの結婚オチ。清々しいくらいのラストでした。これくらいやらないとね。

  • 正直、身内系の話は苦手なもんで、最初は「義父」と「義兄」かぁ・・って読み始めたんですが、本物の近親相姦ものではないし、ヒロインもヒーローも理解できるし、そこに仁賀奈さんのエロ描写があり、一気に読んでしまいました。

    3歳の時に大富豪の公爵当主のブレンダンの養女となり、ブレンダンの弟のジェイラスと3人で暮らすマリアン。

    ブレンダンが義父の割に若いって思っていたら、大富豪の兄弟の兄を「義父」と呼び、弟を「義兄」と呼んでました。ちょっと混乱しちゃいました。

    仲よく暮らしていたのに、マリアンが16歳、ブレンダンが33歳、ジェイラスが25歳の時、ジェイラスの悪戯から関係が変化し、「義父」「義兄」が自分を女性とみていたことに衝撃を受けるマリアンがかわいいです。

    ブレンダンとジェイラスの両方から花嫁に望まれて、どっちかと結婚してしまうのかと思っていたんですけど、この兄弟のお金持ち度と腹黒さを忘れていました。二人して首相を恐喝して法律まで変えさせて、二人揃ってマリアンの夫におさまったのは、ちょっと笑っちゃいました。

    まあ、それが一番波風が立たなくていいのかもそれないですけど、マリアンが半年くらいで壊れちゃいそうです(^^ゞ

    相葉キョウコさんのイラストがまたエロくて、表紙だけじゃなくて、挿絵もかなりエッチです。これはちょっと本屋さんで対面では買いづらいかも。

  • 禁断の関係って萌えますよね♪

    夢中になって読んでいたら、1日もかからずに読めそうな勢いでしたが、睡魔に負けて…今朝、読み終わりました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

仁賀奈(にがな)
小説家。主にティーンズラブ小説、BL小説のジャンルを手がける。代表作のひとつ『シンデレラ・クルーズ』を刊行したフランス書院ティアラ文庫をはじめ、多くの出版社から著作を刊行し続けている。

Baby Doll: 義父と義兄に奪われた夜 (ティアラ文庫)のその他の作品

仁賀奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする