ばらのすべて (Canna Comics)

著者 :
  • フランス書院
3.24
  • (3)
  • (10)
  • (19)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 91
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829685358

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジャンル分けが非常に難しい・・・
    某男性アイドル事務所のような設定ですが、内容が裏社会。色々なタイプのアイドルの卵が出てきます。主人公はアイドルに向いているんだかいないんだか判らない”糸田川くん”だと思われるが、読む人によって変わってくるかも。絵や展開も含め、ふわっと、もやっとしているのが山田先生の良さかと。<h>

  • なんか色々スッキリしなくて…一番モヤモヤしたのは糸と植芝の顔の区別がつかない所。

  • 2014/11/11
    【普通の下】アイドルの卵:糸田川とアイドル辞めて危ない世界側にいる:植芝。 ずっと片思いしていた糸田川が植芝を追いかける。 素朴だが危なっかしい糸田川と人の好意を受け取れないM属性のクズ男植芝。 植芝の彼:猫柳もこれまたクズ男(笑) 自分のことしか考えていない江夏の仕切りによって丸く収まるが、いかんせんクズキャラが好きになれず。 物語としては上手くまとまってたと思うが、何となくふわふわと地を這うダメ男は苦手だ(笑)。 江夏の自己中であるという自覚はなんとなく芸能人ぽくて好き。

  • アイドル事務所の現役生主人公(かわいいワンコ系攻)と、元先輩の落ちぶれた怪しげな美人がメイン。
    ほかの人気アイドルも出てきて、その人がメチャメチャカッコいい! し、後書きに裏設定があると書かれていて萌えました。
    落ちぶれた元先輩が首をつっこんでいる裏社会の話は、組織が出てくるとかの具体的な話ではないので、あまりリアリティがなかった。
    そのあたりの終わりのエピソードにはよくわからないところがありました。
    でも、アイドル達のぐちゃぐちゃな恋愛感情だけを読むなら、それくらいでいいです。

  • 初めて山田さんの著作を読んだのは、TLでした。やたら女の子が酷い目に遭っている話ばかりでしたが、本来ならばかなり苦手な話の筈なのに、何故か残るものがあったのは、その女の子たちが皆、その事態を普通に受け入れて淡々としていたから。

    この話に出てくる植芝くんは、その女の子たちと同じ気がしました。
    痛めつけられたり疎まれたりしないと、満たされない植芝くん。
    そんな植芝くんを真っ直ぐに好きな糸田川くん。
    光と闇は決して交われない。

    どう考えても幸せにはなれないであろう彼らのこの結末は、もしかしたらハッピーエンドだったのかもしれません。

    暗闇の中でひっそりと声を顰めているような植芝くんの存在の妖しさだけが鮮明に残る作品でした。
    何だかとてもつらいです。

    時々、糸くんと植芝くんの区別がつかない事があって、混乱しました(笑)

  • J系アイドルものと、この作者さんのキャラクターの相性も良く、途中まですごく楽しく読めたんだけど、最後の終わるタイミングが逆に後味悪いなと思った。
    その後や本編で描かれなかったお話も読んでみたい。

全6件中 1 - 6件を表示

山田酉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×