グッモーニン グッナイ (Canna Comics)

著者 :
  • プランタン出版
3.88
  • (13)
  • (27)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 181
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829685587

作品紹介・あらすじ

おなかがすいたら、帰っておいでよ。

33歳、ゲイ、コックで世話焼きなアヤと、
記憶障害の美しい青年・リネアの同居生活が始まる――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怪し過ぎる男を2人も拾う男の話。街の人の前の男との反応の違いがなんかリアル。みんな綺麗で明るい子ならいいんかい……まぁ元カレ陰気くさくて如何にも訳ありって感じだけどその元カレとの話がとてもいい。お互いにとって運命だったのにと切なくなる。映画をみているような気分になる話だった。

  • 映画のような作品で、BLが嫌いな人でも絶対引き込まれると思う。作者のあとがきであったけど、許す事はできないだろうけど、ずっと一緒にいるだろう。なんだかとても切ないけど、どうか周りの人の温かさと時間が、少しでも苦しい気持ちを和らげてくれることを願う。

  • 購入して読了。
    久々にこのジャンルの本を読みましたが、BLカテゴリにあることで読者が限定されるのが惜しく感じる雰囲気がありました。
    簡単には作れないし失くせない人とのつながり。癒しと許しの難しさ。
    危うい瘡蓋を抱えたままだけど温かい着地点を得た二人の行く先に祈る思いが湧く作品でした。

  • せつないよ。いろいろ複雑な感情もあるだろうけど、静かに愛を育んで欲しい。

  • 寂しさ、痛さ、切なさ、愛しさ、優しさ。全部に泣きそうになった。

  • 恋人サイラスに振られ
    傷心の1年を過ごしてきたコックのアヤ(♂)
    アヤの前に現れたのは
    アヤを庇い記憶喪失になった青年・リネア。
    行きがかり上リアネの面倒をみることになったが…。
    サイラスを恋しく思いながらも
    リネアとの暮らしに安らぎを覚えつつあるアヤ。
    一緒に暮らすうちに強く蘇るサイラスの記憶、
    何か秘密を抱え怯えてるサイラス。
    そして一緒に生活してるうちに薄っすらと分かる
    リネアの正体、まさかの展開!!

    ほのぼのしたものの中に
    段々ととサスペンスの匂いが……。
    エロとか萌えとかっていう作品じゃないけど
    私好みのお話。

  • 少し前に発刊された『ゴロウジロ!』とは違う読み味だけど、本来ののぞサン節が利いていて安定のクオリティ(笑) あ。でも『らしさ』の中に、影のある男というか『ワケアリ』な男性を描くのがお好きなんだな…と再認識したかな。ゴロウさんもだけど、世間一般からするとダメな部類の男の登場率が高いのも、のぞサン節(笑)

    今作は外国が舞台ということで、もともと現実感の薄い作風が磨きをかけてファンタジックに感じられた。絵柄には合ってるけど、ご本人もあとがきに書かれたようにアヤはどーみても日本人ですがね(笑)
    記憶を失ったせいで?地に足がついてないリネアと、苦労性で世話焼きなコック・アヤの同居物語。拾い物から関係が始まるのはBL界では常識だけど(ホントか?)、ゆっくりお互いが歩み寄る姿が丁寧に、相手の存在が日常に溶け込む幸せが噛み締めるように描かれている。のぞサンのこういう描写がとても好きだなぁ(〃´ω`〃)
    でもその裏に黒い影が色濃くついて回って、読み手の不安を煽る。リネアはいつ記憶を取り戻していたのかな…。アヤがスゴく繊細で優しく温かい人間なので、出来れば陽のあたる道を歩いて欲しい。もうリネアは大丈夫なのかな?
    アヤを襲った元同士を、助けに入ったリネアがどうしたのか…。その後の二人が『めでたし』で結ばれているけど、巳年の私は執念深いのでちゃんと描かれてないから安心出来ないのですよ(泣) 始末しちゃったのかな?撃退しただけならまだ安心出来ないよね( ・ω・)

    ちっちゃい事は気にしない方が幸せなのかもしれないけど、どーしても腑に落ちないので★は3つ。でもアヤとリネアは、妹夫婦と町の人達に見守られて幸せに暮らしてると信じたい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

7月31日生まれ。2010年、「Citron」(リブレ出版)にて『婚前旅行』でデビュー。女性誌、青年誌で活動中。主な著書に、『わたしは真夜中』(幻冬舎コミックス)、『真昼のポルボロン』(講談社)、『最果てから、徒歩5分』(新潮社)などがある。三度のご飯が好き。

「2022年 『僕はメイクしてみることにした』 で使われていた紹介文から引用しています。」

糸井のぞの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×