司書になるには (なるにはBOOKS)

著者 :
  • ぺりかん社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784831514202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なりたい職業について知りたい時に読む「なるにはBOOKS」シリーズの1冊。
    司書、司書教諭、学校司書について説明されています。実際の仕事の様子や将来、その仕事に就く適性から採用まで、その仕事について詳しく書かれていて、中高生の進路や将来を考える時に参考になると思います。

  • 司書ってどんな仕事?本を貸し出す人、それ以外はずーっと本読んでるの??☞誤解です。公共図書館、専門図書館、学校図書館、大学図書館と種類もいろいろある図書館の歴史や資格取得についてはもちろん、人と本をつなぐ司書の仕事の実際や、図書館の機能についてもくわしくなれる一冊。おすすめします。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年東京都生。早稲田大学政治経済学部卒業後、図書館短期大学特別養成課程を修了し東京大学社会科学研究所図書室に勤務。その後、東京大学教育科学研究科修士課程を修了。現在、東海大学教授。課程資格教育センター図書館学研究室勤務。

「2016年 『司書になるには』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森智彦の作品

ツイートする