鏡鑑としての中国の歴史

著者 :
  • 法藏館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :7
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784831877161

作品紹介・あらすじ

入門的な概説や人物伝、少し専門的な論文、目から鱗のコラムまで、著者がさまざまな媒体に発表してきた文章を収める。
いちばん早いものは1978年、いちばん新しいものは2016年。
東洋史家が約40年にわたって著わした多彩な文章が示す、歴史の見方、学び方。

ありきたりな結論では終わらない。礪波史学の真骨頂!

-------------------------
鑑は表面にゆがみがあったり、十分に磨かれていなかったりすると、映し出される影像は、もとの姿をゆがめたり、不鮮明にしてしまう。したがって、歴史が鑑として使われる場合、往々にして「影射害人」すなわちあてこするための器具として悪用されがちになる。……歴史が過去を映しだす鑑であることは確かだが、ゆがんだ鑑には十分すぎるほど気をつけないと、危険なのである。
-------------------------

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東2法経図・開架 222A/To63k//K

全1件中 1 - 1件を表示

砺波護の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鏡鑑としての中国の歴史を本棚に登録しているひと

ツイートする