信長のシェフ 19 (芳文社コミックス)

著者 :
  • 芳文社
3.82
  • (4)
  • (15)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832235595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史的な流れとしては大きく進んではいないが、SF的には結構大きなポイントが描かれていた。
    タイムスリップものなので、私の気になるところは、
    ・歴史は変わるのか、信長は本能寺の変で光秀に討たれるのか
    ・主人公のケンを含むタイムリーパー達は現代に戻るのか
    の2点が気になるところなのだが、この19巻では、
    ・記憶喪失が治って記憶を取り戻すと、喪失中の記憶を失うことがあると何度かに渡って言及されている。ケンが現代に戻って記憶を取り戻し、過去の体験を忘れる伏線か?
    ・これまでケンが色々動いても歴史は動かせなかった(ように見えた)。ある意味、ケン達の行動も歴史の中にあらかじめプログラムされていたかのように。ところが今回、本来なら信長が怪我をしていたはずの天王寺砦の戦いで信長が怪我をせず、ケン達の干渉で歴史が変わる可能性が示された
    と結構、設定の根幹に関わることが描かれた。この先どうなるのだろうか。
    ヨウコは本願寺の顕如の元に残ることを選び、松田は海外に渡ることになったが、ケン共々このまま歴史の中で生きるのか、現代にまた戻されるのか。
    また、もう一人のタイムリーバー、望月の顔がまだ一度も明確に描かれていないのも気になる、この先、登場するのだろうか。

  • わぁ、玉子焼き(明石焼)だ!人質交換の中身、そういうことか!現代組のふたりの退場からの第四次信長包囲網。ちゃんと決着をつけたもんな、夏としあわせにな。歴史が変わってないように見えて、実は変わっている?

  • 201708/今回も面白い!夏さん(感涙)~!ようこの思いと決意も切ない。松永ほんとくえない…。歴史は既に変わり始めてるのか?早く続きを~!

  • 面白かった。歴史が少し変わってる?早く続きが読みたい。

全4件中 1 - 4件を表示

信長のシェフ 19 (芳文社コミックス)のその他の作品

梶川卓郎の作品

ツイートする