ひとりで飲めるもん! (芳文社コミックス)

  • 芳文社
3.42
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 117
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832236585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アラサーになった昨今気付いたことがある。
    ファミレス飲みが楽しいということに!

    高級店やおしゃれなお店での飲み会も良いけど、ファミレスはリーズナブルで(特にワインとか大丈夫!?ってくらい安い)、メニューも豊富でしかもちゃんとおいしい。
    だからこの主人公・メイさんのファーストフードチェーン店飲みも「なるほど!」と思った。
    ひとり飲みでもファーストフード店なら気にならないし、仕事着のまま肩肘張らずサクッと飲んで帰れるし、ひとり晩ごはんの時にやりたい。

    あとメイさんの、仕事で嫌なことあっても腹立つことあってもチェーン店ひとり飲みでサクッと切り替えできるのがとても潔くて格好良かった。
    気持ちの良いマンガだった。

    ひとつだけ気になったのが、メイさんあんなに細いのに酒飲みながらガッツリ炭水化物食べてるとこ(ずるい。)
    あれは肥るーー!!

    メモ
    名前変わってたけど、出てきたお店のおそらくの元ネタ↓。
    ・天丼てんや
    ・餃子の王将
    ・スタバ?
    ・名代富士そば?
    ・大戸屋
    ・駅ナカアイリッシュパブ
    ・ケンタッキーフライドチキン
    ・銀座コージーコーナー
    ・吉野家
    ・はなまるうどん
    ・リンガーハット
    ・かつ家?
    ・CoCo壱番屋
    ・うな富士?

  • ヒロインがかわいい!

  • 全然本筋とちがうけど外食風景3人家族ぽいのに姪甥いるのどうなのか
    駅ナカでアルコールとフィッシュ&チップスうらやましい

  • チェーン店だけに読んだらすぐに食べに行きたくなる

  • 201903/

  • 「なまらうんみゃ~」という独特な響きが、
    なんだか癖になる。

  • 周囲も認める業績を上げバリバリ働く誰もが振り返る美女紅川メイ。夜は、チェーン店でちょい飲みするのを愛し、そこで、緊張がほぐれると、頭身が縮んでしまい、なまらうみゃー、という心の声を漏らしてしまうという特異体質。チェーン店の名前が隠されているようで、たたずまいや商品からバレバレなのはご愛嬌。どれも美味しそうでちょい飲みしたくなること請け合いです。「天丼や」が個人的に心惹かれました。

  • 『凪のお暇』コナリミサトさんの短編連作。
    スーパーOLのひとり飲み生活が軽快に描かれます。
    立ち寄るお店は「チェーン店」。
    実名ではないけれど、「ああ、あそこか」と
    想像がつく感じのお店の数々で、そのお手軽さに
    つい「行ってみようかな?」と思ってしまいます。
    新久千映さん『ワカコ酒』以来、女性メインの
    お酒ものには決めセリフなど定番パターンがあるものが
    よく見られるようになった印象ですが、
    この作品では毎回解説が必要なスタイルで、
    数ページの短編だけにちょっとアレでしたかね~、
    ビジュアル的には面白かったですけど(^^;。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

コナリ ミサト
7月22日生まれの女性漫画家。かに座、O型。趣味は半身浴、ファッション雑誌モデル鑑賞、古着屋めぐり、飲食(カレー・ビール・焼肉)など。2004年にデビュー。ファッション誌『CUTiE』で『ヘチマミルク』を連載し、人気となる。『珈琲いかがでしょう』が、2018年に『アニメBeans』にてアニメ化される。代表作に、『Eleganceイブ』で連載中の『凪のお暇』があり、2019年7月に黒木華主演でTVドラマ化。

コナリミサトの作品

ツイートする