魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

著者 :
制作 : Magica Quartet 
  • 芳文社
4.19
  • (50)
  • (44)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 545
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832242081

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • -

  • 時が過ぎ、巴マミが鹿目まどか達と出会った後の物語。マミとコンビを組んだ美樹さやかだったが、上条恭介との恋が上手くいかなかったことにより次第に追い込まれていく。そんなさやかを見ていた杏子は苛立ちを隠せないでいた。

  • さやか切ない

  • 2013.12.5

    マミがさやか、まどかに出会ってからの話。マミとさやかで魔法少女のコンビを組みはじめる。
    まどかを魔法少女にしたくないほむらと、自分の過去の反省からさやかとマミに苛立ちを感じている杏子。
    一方さやかは上條との恋が思うようにいかず、さらに弱い自分に対して強い自己嫌悪を抱く事により、魔女化するところで終わる。

    この巻の杏子とさやかの対比により、杏子が強い人間だと改めて感じた。
    さやかはこの歳くらいの子なら当然の反応。マミも同じく。

    良かったところは、さやかの上條をあっさり諦めた(ように見えた)アニメの補完部分。
    上條のことが好きで、告白もしたいけど仮にokだったとしても自分は魔法少女…
    だったら親友に、だけども…みたいな微妙な状況をよく原作者は思いついたと思いました。

  • マミがさやかとの共闘に胸躍らせるところから始まる今卷。
    恋愛事情で不調となり、影の魔女に苦戦するさやかを救出に来たマミが魔女討伐。そして、魔法少女の末路が発覚するまでを描いている。
    己を律し、お姉さん然として振る舞うマミの安定した包容力。それが少しづつ擦れ違いを産んでいった中での今巻ラストは、あまりに物悲しい。

  • マミ視点。
    さやかとの交差。
    マミさんと杏子スキーさんにおすすめ!

  • 前巻以上でした。
    アニメと分岐した話を、ここまで上手く構成させたスピンオフ作品はありません。
    今巻は彼女達の心情に沿い、意図的に時系列も変更させ、まどマギの魅力を存分に引き出しております。
    以降下巻、マミさんは絶望に立ち向かえますかね?

  • さやかのタイミングでマミさんが生きてたルートなんですね。でも余計にさやかが嫌いになったかも…。魔女になったのはそもそも、見舞いにも来ない女を選ぶような見る目無い男を好きになったせいでしたよね。この話だとそれに加えて、自分の正義とマミさんのが一緒だから一緒に戦えて嬉しいって言ってたくせに、一度の失敗でマミさんから離れ、マミさんを責めるような言葉すら言うとか。失敗を取り返して一緒に戦うって意思も無いんだなってさやかが益々残念な存在になりました。他の子が重さを背負ってる中で一人だけ恋愛がらみ、しかも勝手にって感じもあるので余計にさやかに思い入れが出来ないのもあるけど、これを読んで益々駄目になりました。マミさんの株はテレビより上がってますが。

  • マミさんがマミられなかったし、さやかも魔女化しないのかと思ったら…。QBは相変わらずの外道っぷり。
    まどかは契約しちゃうのか?下巻がとても楽しみ!

  • 本体表紙:おまけ漫画。

全20件中 1 - 10件を表示

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)のその他の作品

ハノカゲの作品

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする