幸腹グラフィティ (6) (まんがタイムKRコミックス)

著者 :
  • 芳文社
3.95
  • (9)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 131
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832246485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本当にこの作品に出会えてよかったと思う。
    キャラ4人分のグルメコメントがそれぞれちゃんと確立させてるのがすごいよ!
    きりんが持ってる肉バッグとちくわリュックがぜひ商品化して欲しい。

  • 978-4-8322-4648-5 119+2p
    2016.1.10 1刷

  • -

  • 読書録「幸腹グラフィティ6」4

    著者 川井マコト
    出版 芳文社

    p13より引用
    “きっちり指定通りに作ってこその美味しさです!”

    目次から抜粋引用
    “カップラーメンを食べまくる
     きりんさん大阪へ旅行の為ひとり
     プールに行く
     母親と年末を過ごす
     母親と元旦を過ごす”

     美術高校に通う女の子三人組を主人公とし
    た、食べ物漫画。
     秋の深まる時期、旬の食材を使って何を作
    ろうかと楽しく思案するリョウ。しかし、料
    理を食べてもらいたい相手のきりんから、創
    造していなかった言葉を告げられる…。

     上記の引用は、カップ麺に対してのリョウ
    の作り方の姿勢。
    多くの人が作っても、おいシックなるように
    研究して、カップ麺の作り方は記されている
    のでしょう。まあでも、いい加減にしても、
    大体同じ味で食べられるのが、インスタント
    食品の値打ちの一つなのではないかとも思い
    ます。
     イマイチぎこちなかった、リョウの親子関
    係にも変化があります。その他の登場人物の
    家族たちも沢山出番のある、人間関係がにぎ
    やかな巻ではないでしょうか。

    ーーーーー

  • D1

  • 六巻ではリョウキリン椎名さんの3人だけでなく、各人とその周りの人々の関係性が掘り下げられました。叔母、母親、姉妹、様々な関係の人の支援によって自分が支えられている、支えていることを再認識できる一冊です。作中で登場する料理のように温かな気持ちになれます。

  • カップ麺、大阪食い倒れ、プール、などなど。

  • 相も変わらず、もちろん、イイ意味で
    ファンが「これこそ!!」と思う、作品の魅力をブラさずに維持し、なおかつ、更に高めようとする意欲が、川井先生にはちゃんとある、と一本一コマから感じ取る事が出来る
    どの娘も全員、可愛くて、読んでるコッチの心を癒すと同時に、食欲を揺り起こしてくれる、最高の食べリアクションをしている、この巻でも
    しかし、それだけじゃ、人気は出ないし、アニメ化もしない
    私が勝手に感じた印象に過ぎないが、この『幸腹グラフティ』の魅力は、リョウを筆頭にしたキャラクターらの友人、姉妹、家族、それらをひっくるめた人間関係が、シリアスな部分まで描かれているからじゃないか、と思う。現実的って表現は少し違うかも知れないのだが、ヒロインが女子高校生なもんだから、若い読み手の中には自分の現状を重ねられ、じっくり考えさせられるシーンが多いのではないだろうか、この『幸腹グラフティ』って四コマ漫画は
    食べるから幸せなのか、幸せになりたいから食べるのか、それは見解の相違だろうが、いずれにしても、誰かと一緒に食べて笑顔になれるなら、それが一番だ。ある程度までの悩みなら、美味しい物を食べれば吹っ飛ぶし、可愛い女の子の歓喜のオーラを浴びりゃ、尚更だ
    しっかし、誤解を恐れずに言うが、ホント、川井先生の描く女の子は食べてる時の顔がエロいな!!私、他のファンの方から、川井先生が別名義で、成年漫画誌でも活躍してるんですよ、って教えられても、そう驚かないかも・・・・・・むしろ、納得するだろうな
    何にせよ、こんな美味しそうに食べられる才能がある女の子だったら、友達でも恋人でも、一緒に同じ時間を過ごせたら楽しいだろうなァ。ただ、その顔が見たくて、ついつい、奢りすぎちゃいそうな気がするわぁ
    どの回も上に書いた理由で、読み応えが充実しているが、個人的に川井先生の皮が一枚剥けたな、と勝手に感じたのは、リョウと緑、この二人が母と娘として、改めて相手と向き合い、その距離をほんの少し詰めた、年末年始の件だ
    この台詞を引用に選んだのは、やっぱ、人生経験が豊かな先輩の言葉は違うな、と感じたので。言い過ぎても、言わな過ぎても、関係は壊れてしまうのだ。また、アドバイスの仕方が巧くて、そこも勉強になった

  • シリアス

全10件中 1 - 10件を表示

川井マコトの作品

幸腹グラフィティ (6) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×