ゆるキャン△ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

著者 :
  • 芳文社
4.25
  • (70)
  • (75)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1352
感想 : 34
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832247192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 焼き肉が食べたいとひたすら考えさせられた・・・。(´・д・`)

  • お肉いいな( ´ ▽ ` )

  • 今回は、高ボッチ高原と笛吹公園の平行キャンプ(志摩リンのソロキャンと野クルのキャンプ)と四尾連湖キャンプか。私的には、四尾連湖での焼き肉キャンプがやってみたいな。

  • 野外活動サークルメンバーでのキャンプも、志摩リンと各務原なでしことの焼き肉キャンプも、いいと思います。

  • 第1巻の感想ではソロキャンプと野クルが共存しているのが素晴らしいなんてことを書いた。第2巻でもその傾向は継続しているのだけど、驚きの格差描写が…!
    なでしこ達はキャンプ場前で温泉を満喫するのにリンの方はまさかの閉店て

    一応帰り際に温泉には入れたようだけど、それでも寒い中バイクに跨ってやっと辿り着いたと思ったら張り紙一枚で入浴できないと知る気持ちとはどのようなものなのだろうね
    なんと言うか、キャンプって下調べがとんでもなく大切なんだなと気付かされるような描写だったよ

    それでも目的地の高ボッチ高原に辿り着けば素晴らしい光景が広がっているし、そこで食べるスープパスタはとても美味しそう
    全てが上手く行かなくても全部ダメだったとなるわけではない。というか、そういったトラブルに遭ってしまうこともキャンプの醍醐味なのかもね

    別々の場所で別々の方法でキャンプを楽しんだリンとなでしこ。それでも、スマホを介して同じ景色を味わえる描写は良いなぁ。
    様々な意味で現代的と言えるね


    別々にキャンプの楽しみを見つけられたなら、今度は二人で一緒に味わいたくなるもので。次はリンと撫子の二人で焼き肉キャンプですか
    ミニ賽銭箱(?)によって美味しい食事を楽しめるとなれば、それが楽しみで仕方なくなる気持ちは何となく判るなぁ。スーパーで思っていたような肉が売っていなくたって食事を楽しみたいという気持ちがあれば別のメニューがすぐに浮かんでくる。気落ちする間もなく豚串やハンバーグを購入する様子の二人からはキャンプ前の独特の楽しさを感じ取れたよ

    そして美味しい料理は自分達だけで楽しむのは勿体ない。着火を助けてくれたお隣さんにも分けたくなるし、お隣さんも作った料理を分けてくれる
    本当にこの作品はキャンプの醍醐味をゆる~く、そしてしっかりと描いてくれるね


    そういや、キャンプ描写がメインの本作ではあまり目立っていないけど、なでしこの姉の桜って人が良すぎない?
    キャンプ場までなでしこたちを送り迎えしてくれるし、以前にも日の出を見たいというなでしこを起こすために車中泊をした上で5:40にアラームかけてたし
    いったい何処の世界に居るんだ、こんな優しいお姉さん

  • うーん、前の巻でも書いたけど、登場人物の距離感がちょうど良い。
    ボート乗ろうよ?と誘われて断ることができるのも、断られてもそのあと一人でボートに乗って岸にいる断った人に手が振れるのも良い。
    ただ、女子高生にしては皆さん味覚がおっさんですな。

  • 野外活動サークルのキャンプとリンの塩尻キャンプに加え、なでしこ&リンの四尾連湖キャンプメイン。焼き肉キャンプ、うらやましい。

  • 2021/01/19 1
    2023/03/08 2

  •  少女たちは少しずつコミュニケーションを深め、確かな友情が築かれつつあります。何というか、青春の貴重さというか純粋純朴な感情の尊さというか、日々の暮らしがいかに素晴らしいものであるかということを感じさせられるようなコミックです。
     さて、2巻になりましたが時間の進みがゆるやかなコミックです。なでしことリンは初めて一緒に約束してキャンプに向かうことになります。リンのなでしこへの扱いもややこなれてきて、ぎこちないながらも時間の共有を楽しめている雰囲気です(尊い)。野クルのメンツとの初キャンプも楽しそうで読んでいるおじさんもうれしいです。
     さてせっかくのキャンプであるので自然の風景に関していうと、本コミックの背景の山や湖や市街地の描写はまあまあ抽象化されています。輪郭と印象をもとに「感銘を受ける風景ってこういうことだよな」という感じを突き詰めたものに感じます。写実的で実在の風景を素にを丁寧に造り上げられたアニメとは異なる雰囲気ですがこれもよいものですね。

  •  昔の漫画好きにしてみると、この背景は、佐々木倫子よりも、ズルいと思う。ペンタブめ。

全34件中 1 - 10件を表示

あfろの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×