NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)

著者 :
  • 芳文社
4.23
  • (19)
  • (15)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 274
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832248472

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • -

  • コミック

  • ねねっちの玉転がしボードゲームで玉がポーーーンっていつも飛んでいっちゃうのがウケルw
    ちょっと険悪になっていたなるっちに対して最終的にはフォローに回っていい子だなぁと思った。

  • アニメ2期相当。なぜか今の今まで積んでたけど見返したくなった

  • 社畜マンガだけど、おだやかになれますな。

  • 雑誌"まんがタイムきららキャラット"で連載されている得能正太郎の"NEW GAME!"の第6巻です。2017年7月からアニメ第2期もスタートし、ちょうど本巻あたりに追いつきましたね。ついに青葉がキャラデザを担当したゲーム「PECO」が発売されると思いきや、まさかラストにあんな展開が待っているとは…。絵柄は可愛いし、日常お仕事系コミックなんですが、きちんと人と人の感情を表現していて、凄い作品だなと思います。これからも楽しみです。

  • 出会いもあり別れもあり…

  • イーグルジャンプ社に新人(インターン)が2名配属され、この2名を中心に話が回っているため、これまでとはちょっと違った雰囲気。私としてはコウの出番が少なくて、りん×コウなネタも少なく、その点はとても残念。そして、コウのキャリアに大きな変化が。

  • 穏やかじゃない!様はあずにゃん入部時の『けいおん!』をちょっと思い出したり。しかし先輩方もゆるく不真面目にやってたわけではなく、これまでもだいぶ意識高い働きっぷりが見えてたわけで、それを知らずに「外から」入ってくることとの衝突って難しいものだね、と。しかし八神コウの離脱は寂しいな。。

  •  二期放送直前に発売された六巻はインターンシップの専門学校生二人、グラフィック志望の望月紅葉とプログラマー志望の鳴海ツバメを加えての物語となっている。
     ここでは同世代のライバルという形で青葉と紅葉、ねねとツバメの関係がクローズアップされて描かれている。特にねねとツバメの関係性は、ガチ勢とエンジョイ勢の反目を思わせるもので、こうした関係は現実にも結構あるんだろうなあ、と思わせるものがある。
     この二人の関係の変化にまつわるエピソードも、おそらくは現場でのあるあるだろう。物語は良い形で収まっているが、実際に起こった場合は大変気まずい空気になりそうだ。

     終盤の急展開といい、読み応えのある巻だった。星五つで評価したい。

全11件中 1 - 10件を表示

得能正太郎の作品

NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×