ゆるキャン△ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

著者 :
  • 芳文社
4.28
  • (21)
  • (26)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 239
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832249004

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑誌「まんがタイムきららフォワード」に連載されているあfろの「ゆるキャン△」の第5巻です。2018年にはアニメ化もされました。今回は年越しのお話です。野クル、リン、斉藤さんのそれぞれの年越しが描かれています。キャンプ用品高いから、みんなしっかり稼いでね。そして近すぎず、遠すぎず、それぞれの距離感がとても素敵。しまりんの浜名湖の展望台での言葉が良い。かっこいい。ところで中1のときのなでしこはヤバすぎちゃうか?1巻で見せた圧巻の持久力の理由も明らかにw

  • あーもーキャンプしたぁーい

  • 今回も楽しかった。これを読むと寒い時期こそキャンプがしたくなるけど、実際にやるとマジキツイ(笑)
    アニメ版を観た後だとリンちゃんの声が東山奈央さんの声で脳内再生される不思議(^^;)

  • 年末から年明けの辺り。
    うなぎ美味そう。
    一人で行うキャンプと、皆と行うキャンプにはそれぞれ良いところがあると理解している辺り、中身が完全にお。。

  • 高校生が大晦日ソロキャンとか渋すぎてヤバいんだけど、過ごし方が手慣れている感じで自由で楽しそうで憧れる。スタイルを持っていることってカッコいいなと思う。

  • しばらく賑やかだったキャンプ。しまりんが久しぶりに年越しソロキャンをして気づいたことは「ソロキャンは寂しさも楽しむもの」だった。一人には一人の良さがあり、仲間には仲間の良さがある。どちらかしか知らないのは勿体無いのかもしれない。そしてこの巻にもノルマとなった何もハプニングが起こらない入浴シーン。浜名湖のうなぎは本当に美味しいのであの味を高校生で覚えるのは危険すぎる。関西からでも車乗って浜名湖まで日帰りで食べに行くレベル。

  • .

  • うなぎ食べたくなった。そして新キャラ登場

  • キャンプ成分低めで年始の色んな出来事などを。
    なでしこの件も色々と納得でした(笑)

  • 楽しかったクリスマスが終わり、大晦日、お正月が近づいて…。過ごし方はみんな違うみたいだけど、やっぱりリンは一人でキャンプに…?あなたは次の初日の出、どう見ますか?(Amazon紹介より)

全14件中 1 - 10件を表示

ゆるキャン△ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)のその他の作品

あfろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆるキャン△ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする