ゆるキャン△ (6) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

著者 :
  • 芳文社
4.41
  • (31)
  • (28)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 286
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832249271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回はりんちゃんなでしこ以外の野クルメンバーのエピソードがメイン。それでも冬キャンプなんだなぁ。読んでると冬キャンプしたくなるけど、ちゃんと危険性も描かれてて安心(^_^;
    いやー、ホントにキャンプ行きたくなるなぁ。もうちょっと暖かくなったらバイクにテント積んで北部の方へキャンプしに行こ。

  • ■書名

    書名:ゆるキャン△ 6巻
    著者:あfろ

    ■概要

    キャンプ資金ためになでしこは新しいバイトを探すことに。
    一方で千明、あおい、そして恵那が一緒にキャンプをするみたいだけど…?
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    今回は、初めての組み合わせである3人でキャンプをします。
    それでも、シマリン、ナデシコと一緒にキャンプを実施している感じが出ています。
    本作では、キャンプが楽しいだけでなく、色々な制限事項があったり、油断していると死に至る事もある
    という厳しい部分も描いています。
    とはいえ、暗い描き方ではなく、先生とシマリンの良さを出した温かい描き方であり、
    本漫画の空気感を全く壊していない描き方です。

    漫画なので、ご都合主義は大目に見ないといけません。
    でも、この漫画を読んで冬キャンプした人は、危ないキャンプになる人もいそうなので
    こういう話しも大事だな~と思います。

    キャラクターもイキイキしており、面白い巻です。

  • 早く寒くならないかなぁ。蚊がいなくなったらキャンプへ行こう。

  • 寒がりの姉に白金カイロええ子やで。
    バイトしてギアが充実するのか?
    大垣、犬山、斉藤の極寒キャンプもあるよ

  • 冬キャンは準備大切、という作者からのメッセージ。このオタク業界行動力だけはとんでもないレベルで高いので大きな事故が発生する前にアニメ化を機に釘を刺したものと思われます。なのでちゃんと準備と下調べして南の方で楽しんでね、と。初めて先生らしいところを見せてくれました。で、このちくわ画像を送ってくるこの人は。

  • 雑誌「まんがタイムきららフォワード」に連載されているあfろの「ゆるキャン△」の第6巻です。2018年にはアニメ化されました。前半は冬休みのバイト代で何を買うかという何ともほのぼのとしたお話です。なでしこは本当にええ子やな。後半は野クルが安易に冬キャンをして遭難しかけるお話です。作品のファンが実際に遭難したりしたら色々と影響が出てしまうので、アニメのヒットなどもあって注意喚起の意味があったんでしょうか。今までのゆるいキャンプとは少しだけ違います。自然を相手にしているのできちんと装備は買い揃えて行きましょう。

  • 連載開始から時間の流れも速くなくいつまでも寒い時期が続いていて、冬キャンに謎のこだわりを見せてきたマンガだけど、ココに来て標高とか時期とか装備とか間違えると「あかんで」というのも示してくるとは。まぁやっぱ上級者向けなのね、という。

  • アルバイトをしてどんどん装備を充実させていく感じが学生っぽくて良い!
    キャラによって欲しいものが違うのも面白いです。
    後半はいつものキャンプですが、面子がまた新鮮。(´∀`*)

  • キャンプ資金ためになでしこは新しいバイトを探すことに。一方で千明、あおい、そして恵那が一緒にキャンプをするみたいだけど…?(Amazon紹介より)

  • .

全14件中 1 - 10件を表示

ゆるキャン△ (6) (まんがタイムKR フォワードコミックス)のその他の作品

あfろの作品

ゆるキャン△ (6) (まんがタイムKR フォワードコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする