ゆるキャン△ (10) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

著者 :
  • 芳文社
4.13
  • (21)
  • (18)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 371
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832271746

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「みんなで伊豆キャン行って、庭キャンして──次はソロキャンでも行こうかなあ……」

    という、ゆるキャン△第10巻。
    ゆるい部活で空き缶からアルコールストーブを作って、それでソーセージ焼いてみるとか、楽しそうですねえ。
    バイクで大井川を遡って吊り橋巡りも、たいへん風流な感じ。静岡県民として、いつか寸又峡の紅葉を見てみたいと思っていましたが、やっぱり激込みなんですね…。オフシーズンに行って心の彩度調整で楽しむの良さそう。

    ヤマハのバイク宣伝マンガ載せてくれたのは嬉しいところ。3輪スクーター、乗りやすそう。乗ってみたい。

  • なんだか野クルの活動って久しぶりな気がする…
    野クルがメインとなると、小規模ながらも創意工夫に富んだキャンプ模様を見せてくれるので、これはこれで好きだったりする

    空き缶を再利用してアルコールストーブなんて代物が作れるなんて初めて知ったよ。作る工程が楽しそうならば、実際に使用している光景も楽しそうなもの
    自分で作ったアイテムを利用しての調理ってそれだけで食事を何倍にも美味しくしてくれそう。……ただ、料理は基本を守らないとどうやったって美味しくならないのだなとも思い知るが

    千明は何気に髪型をチェンジしていましたな
    あれはあれで新鮮な魅力に溢れているね。結局デコ出しに戻ってしまったのはちょっと惜しい気もするけど


    リンはなでしこ、綾乃と連れ立ってキャンプに行くことに
    と言ってもこの巻で描かれるのはリンと綾乃のツーリング模様なのだけど
    バイク移動となれば、これまでは必然的にリンのソロキャン関係でしか描かれる事はなかったのだけど、綾乃が加わったお陰でバイクシーンも彩りが増えたように思える

    バイクなら小回りも効くし、ひょいひょいと様々な場所に行ける。
    そして、背景をしっかり書き込んでくれる本作だからこそリンと綾乃による吊橋巡りもただ橋を回るという些細な旅であっても驚きと面白さに満ちた旅と変化して見える

    次巻は遂になでしこと合流してのキャンプですか
    この三人だとどんなキャンプになるのだろうね?

  • ツーリング旅!

  • キャンプツーリングに行きたくなった。

  • ブログで感想を投稿しています。
    https://honzukinoyosio.hatenablog.com/entry/2020/09/12/204607

  • 【あらすじ】
    2泊3日の伊豆キャンから帰ってきた一同の次のキャンプはいつどこに? なでしこたちは学校で野クル活動、そして恵那の家でデイキャン!? 一方、リンはある人と連絡を取り合っているみたい。 その相手はなんと…。

  • 冒頭、大垣が誰だかわからんかった。おデコ大事やなあ。それにしてもなんかみんな等身高くなって大人っぽくなったなあ(多分絵柄が変わってきただけ)。開幕久しぶりの野クル活動からの超お手軽な庭キャンと大井川キャンプの導入。途中がっこうぐらしが混ざってた様だが気にしちゃいけない。ダムカレーは各所色々工夫されていて食べたい気持ちは大いにある。千頭のダムだと長島あたりかな。あと、今流行りつつあるらしいチェアリングとかも登場してましたね。

  • テレビアニメ・ドラマが大好評の話題作!2泊3日の伊豆キャンから帰ってきた一同の次のキャンプはいつどこに?なでしこたちは学校で野クル活動、そして恵那の家でデイキャン!?一方、リンはある人と連絡を取り合っているみたい。特別編「サウナとごはんと三輪バイク」も収録です!

  • 旦那さんの本棚。

  • ■書名

    書名:ゆるキャン△ 10
    著者:あfろ

    ■概要

    Amazon限定描き下ろし特典付き
    テレビアニメ・ドラマが大好評の話題作!2泊3日の伊豆キャンから帰ってきた
    一同の次のキャンプはいつどこに?なでしこたちは学校で野クル活動、そして
    恵那の家でデイキャン!?一方、リンはある人と連絡を取り合っているみたい。
    特別編「サウナとごはんと三輪バイク」も収録です!
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    前の巻から、時間を空けずに登場です。
    ドラマそんなに盛り上がっていなそうなので、商業的にそこまで成功しない戦略な
    気がしますけどね。

    前半はデイキャンプです。
    キャンプというか、遊びという感じですね。
    今までとは少し違う感じで、学校の部活の内容として楽しめます。
    後半は、リンとなでしこがある人物とキャンプに行き始めます。
    リンってこんな人懐っこい性格だったっけ?
    野クルと関わってだいぶ変わっていたんですね。
    後半部分は、メンバーが変わっただけで、伊豆旅行とたいして変わっていない気が・・・・
    キャラクターにそこまでパンチがある漫画でないので、どうしても同じ感じ
    になってしまいますね。
    そろそろ冬も終わりだし、このまま漫画が終わるのか、夏は夏で夏らしい話になっていくのか。

    同じような旅の話しばかりなら、マンネリだからこのまま終わらしてもいいかも。
    あと、全体的に絵柄が雑になった気がします。

全11件中 1 - 10件を表示

あfろの作品

ゆるキャン△ (10) (まんがタイムKR フォワードコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×