ひだまりスケッチアンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 芳文社
3.22
  • (3)
  • (8)
  • (36)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (107ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832276185

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • -

  • 面白いです。

  • 9784832276185  119p 2008・2・5 3刷

  • 3

  • 大失敗

  • 3/13読了。アニメ化された、「ひだまりスケッチ」のアンソロジーコミックです。執筆陣は、相方のMATSUDA98氏を除けば、きらら系での執筆者となっています。
     全体的な感想ですが、アンソロとなると4コマとは勝手が違うのか、原作の世界観を生かしつつ、書き手の特徴が出た作品は少なかったです(特に袴田めらは酷い(蛙を殺さないと描けなかったのか・・・)。)。出版社がアンソロジーという形態に慣れていないのからかも知れませんが。
     掲載作品の中での白眉は、やはりMATSUDA98氏の「陽の当たる場所」です。次点は、里好、なかま亜咲氏の両名でしょうか。
     残念だったのは、蕃納葱氏がイラストだけだったことです。単行本作業で忙しかったのかも知れませんが・・。VOLUME02が出ることがあったら、蕃納葱氏的な吉野家先生が見たいですね。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

<Cover>:たまき <Comic>:命わずか・たかみや・MAM☆RU・むろ文子・緑々・深瀬アカネ・わたあめモフ・まんぼん練・銀子・絶頂のぼる・滝城みきたか・かなた

「2019年 『18禁別冊ストラーダ もぐもぐBL』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンソロジーの作品

ツイートする