けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)

著者 :
  • 芳文社
4.13
  • (157)
  • (101)
  • (83)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 1529
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832279438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アニメが面白くて原作も読みたくなって購入。原作はアニメよりもあっさりした印象。4コマということでオチの必要性のためか。アニメの見せ場・ライブシーンはないけど、終始、唯たちのゆるくて楽しい日常が描かれていて、個人的にはこちらの方が好きかもしれない。

  • アニメになって爆発的にヒットした作品。
    第一期、第二期、そして映画化。
    高校入学と同時に『軽音楽』を始めるトコロからstart。
    そして軽音部として活動。
    一つ下の『梓』入部したり。
    大学入学、全員合格で、梓は一人になってしまうが、同級の『憂』と『純』の入部で楽しくなりそうです。
    後一人捕まえないと『軽音部』として存続出来ないんだけど・・・
    どうなる事やら。


    遅ればせながら原作を読んでみた。
    私的には動きがある分アニメの方が見てて面白いかも。

    アニメから入ったんだけど、原作は原作の良さがある。
    コレはアニメ派と分かれるかな?
    何せアニメは音と声が入る分有利かも知れない。
    原作は『可愛い』ではなく、『和み系』。
    アニメは『可愛い系』の一言で言い尽くしても過言じゃないと思う。


    京アニ恐るべし!

  • アニメのほうが遥かに面白い。

    アニメで泣けるシーンだった、
    文化祭ライブ後の話も載ってないし、
    卒業式後の話も載ってない。

    漫画は単なる萌え4コマですね。
    それ以上でも以下でもない。

    そういうあっけらかんとしたのが味なのでしょうけれど、
    アニメを見た後だとちょっと物足りない気がしてしまいます。

  • 3年の2学期から卒業まで。4人分表紙が揃ってよかったけれど、できれば5巻まで出してあずにゃんも表紙に登場して欲しかった。

    けいおん!がこんなに楽しめたのは、キャラのかわいさももちろんあるし、そのキャラ達が結構本格的にバンドをやっているというギャップもあるけれど、その根本に、キャラクター達がきちんと高校生活を送っていることがあると思う。
    原作ももちろんそうだし、クラスメイト達の描写が増えたアニメでもそうだった。

    だから、きっちり3年で(リアルタイムでも連載3年で)卒業させたのは何よりもよかったと思う。修学旅行も、最後の学園祭ライブも、部室に顔を出した唯にむかってあずにゃんが言ったセリフも、やっぱり「3年間限定の高校生活」あってのものだと思う。

    最終巻の4巻は、そんなこともあって、ちょっと寂しさを感じる内容も混じっています。

  • いろいろ足掻いて同じ大学に進む事にした4人。

    卒業しても一緒なのが羨ましい。

  • 完結。3年夏から卒業まで。
    始めはあるあるネタだったのが部活青春モノに。
    そしてアニメの出来の良さが再確認できた。

  • 何を隠そう、私は実はけいおんにはまっていました。
    ムギちゃんがいい。

    ゆるい感じがいいよね。マンガよりアニメのほうがいいね

  • アニメも映画も見ていないですが けっこう有名みたいなので
    漫画を読んでみました。

    うん
    BECKは『面白かった』
    けいおんは『楽しかった』  みたいな感じ

    youtubeで「ふわふわ時間」を聞くと 結構よかった

    映画はその後の話みたいなので 見にいこうかな・・

  • 漫画はまぁ普通。なんで社会現象になるほど人気あるのかはイマイチ分からん。アニメは面白いんかな。

    卒業式のあずにゃんの所はちょっと感動したけど。

  • あっちはアニメでこれは漫画だが、押井守の言いたいこともわからんではない。

全63件中 11 - 20件を表示

けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)のその他の作品

かきふらいの作品

ツイートする