誘い 百年の恋 (花音コミックスCitaCitaシリーズ)

著者 :
  • 芳文社
3.03
  • (2)
  • (18)
  • (26)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 237
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784832287846

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 縺薙?莠コ縺ョ繝槭Φ繧ャ縺ッ縺倥a縺ヲ隱ュ繧薙□縺代←縲∫オオ繧らセ弱@縺乗ァ句峙縺ョ繧サ繝ウ繧ケ繧り憶縺上?∬ゥア繧らオ先ァ玖憶縺九▲縺溘?ゆサ悶?菴懷刀繧りェュ繧薙〒縺ソ繧医≧縲

  • 胸キュン★★☆☆☆   ストーリー★★★☆☆
    エロ  ★★☆☆☆     絵  ★★☆☆☆
    絵が綺麗・・・?うーん、個人的には画面がごちゃごちゃしてて見にくい印象でした。
    カフェ店員×吸血鬼
    実はやっかいな人たちから結構モテてる吸血鬼のホーネットが人間のゼビィに惚れちゃったもんだから、なんだかんだとゼビィも厄介ごとに巻き込まれる話。
    温かいゼビィが好きだから彼を吸血鬼にしないホーネットの気持ちにキュンってとこかな?
    あとは親のジムベットがやたらと嫉妬させようと登場してきたり。
    なんかキャラに親しみが持ちにくいお話で、ピンときませんでした・・・。

  • カフェショップ店員のセビィは夜道で突然、吸血鬼のホーネットに無理矢理お持ち帰りされそのまま体を重ねてしまった…。以来、恋に堕ちたホーネットは毎日セビィの職場に通いつめるように。最初は抵抗していたセビィだったがホーネットの健気な態度に次第にほだされ始めて…!? 美麗なヴァイパイア達が誘う表題作+描き下ろし付き!!

  • 霜月かいりさんのBLって久し振りじゃないか!?と思い、手に取ったら1年くらい前の本だった。私が知らないだけだった。

    リバは意外と平気だし、「親子」でもあるジムベットとの関係はセビィとの恋人関係とは違うわけだし、妬くことには萌えるけど、どっちつかずでかわいそうっていう感じ方はしなかった。むしろ、そういういびつな三角関係が素敵だったし、セビィがいなくなってもジムベットがいるっていう、無意識のずるさがいいと思う。
    というかもう、ホーネットが美人なのでそれだけで好きです。

  • 絵が美麗。文句無しです。
    表情が変わる瞬間が堪らないです。
    完璧なる固定CPが好きな方向けではないかと思われます。

  • 絵は綺麗でした。

  • 吸血鬼モノ好きなんだけど、思ってたよりも話が好みじゃなかった…。キュンとするところが無い。絵はカッコ良いんだけどなぁ。
    買ってから気がついたけど、これって人間×吸血鬼だったのね!?逆を期待してましたw

  • さすがの美しさだけど、消化不良…。セビィが報われない。

  • 画が綺麗だと聞いて。
    たしかに綺麗だけど…
    ヴァンパイアと人間の恋だからシリアスかと思ったけど、結構コメディ。
    これ続かないんですかね?なんかすっきりしない終わりかた。
    しかもさりげなーくリバ?
    人間はいつか死ぬわけで恋をしてもいつもまでも一緒に入れない切ないさも持ちながらも求め合うっていう設定が生かしきれてない。
    それに加えて亜種だとか過去だとかが絡んできて。
    内容は細かいのに深さがない、もっと掘り下げるべき。
    連載時ページ数が少ないのが原因かもしれないが浅い。
    ヤるにはやってるけどあんまりエロくないというか。
    エロいのは恋人以外とヤってるシーン…

    ちょっと期待はずれでした。。。
    画が好みであれば多少内容が薄くてもいいかなって思えるけど今回はイマイチ。

  • ヴィジュアルが綺麗。退廃的というわけではないですが、落ち着き所が少し重いですね。評価が低いのは単に私の好みでないだけ。
    きっとこれが大好きな方が多いと思える作品。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■霜月かいり・・・・・・ 代表作に「BRAVE10」(全⑧巻)「BRAVE10S」(全⑨巻)等多数。美麗絵師として定評のある作家。

「2019年 『アーサーブライト ④』 で使われていた紹介文から引用しています。」

霜月かいりの作品

誘い 百年の恋 (花音コミックスCitaCitaシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする