稚内・北航路 (ブックレット・ボーダーズ)

著者 :
制作 : 井澗 裕 
  • 北海道大学出版会
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832968271

作品紹介・あらすじ

領土問題。隣国との喧噪。日本人が抱く、重く暗い国境(ボーダー)イメージ。国境は砦ではなくゲートウェイに。あかるく楽しく、そして生き残りをかけた地域創造。
日本初のボーダーツーリズム(国境観光)が北海道・稚内からサハリン(樺太)をつなぐ。まちおこし、観光学、人類学の必読文献。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 試される大地にある国立大の某研究施設の研究員さんのご著書。
    吸い込まれるように読むことができるのではと期待(ぉ

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北海道大学スラブ研究センター研究員

「2018年 『帝国日本の移動と動員』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井澗裕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×