カツラーの秘密

著者 :
  • 時鐘舎
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833016421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の葛藤がつらくて、夢でうなされた。
    そこまでの思いをしてカツラを選び続ける人がいるとは
    今まで想像したこともなかった。
    大手メーカーはまさに弱みに付け込んだ商売なのだなぁ。

  • ノンフィクション物としてとして面白いです。
    国内最大手AD社に電話相談するとどうなるのか?
    編みこみ式のカツラとは?
    本当にバレないのか?
    一流のカツラとは?
    カツラーの悲劇?
    カツラの維持費は?
    カツラ愛用者の見分け方等等、いろいろな事を教えてもらいました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1956年、新潟県に生まれる。慶応大学法学部卒。高校では野球部の投手として新潟県大会優勝。大学ではフリスビーの国際大会で活躍。大学生の頃から「ポパイ」編集部スタッフライターをつとめ、卒業後は「ナンバー」のスタッフライターを経てフリーライターに。2000年に自らカツラーであることを著書『カツラーの秘密』(草思社)でカミングアウト。
著書に『長嶋茂雄語録』(河出文庫)、『高校野球が危ない』(草思社)、『子どもにスポーツをさせるな』(中央公論新社)、などがある。

「2021年 『長嶋茂雄 永遠伝説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林信也の作品

ツイートする
×