照る日曇る日―心のふるさと能登穴水と私

制作 : 穴水町 
  • 北國新聞社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833021081

著者プロフィール

海老名香葉子(えびなかよこ)
昭和8年(1933年)、東京生まれ。昭和20年3月、東京大空襲で家族6人を失う。戦後、先代の三遊亭金馬師匠に引き取られ育つ。昭和27年、落語家林家三平と結婚。二男二女(9代目林家正蔵、2代目林家三平、海老名みどり、泰葉)の母となる。昭和55年、夫三平の死後は、テレビ、ラジオ、雑誌などマスメディアで、コメンテーター、身の上相談、エッセイストとして活躍。

「2020年 『人生起き上がりこぼし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海老名香葉子の作品

照る日曇る日―心のふるさと能登穴水と私を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×