竹内浩三詩文集―戦争に断ち切られた青春 (風の道文庫)

著者 :
制作 : 小林 察 
  • 風媒社
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833106276

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 飾りがなくてかわいい言葉たちなのにしっかり重みがある。
    戦地から無事帰ってきていたら・・・と何度も思う。


  • 昔から短気な性格だった。怒りや悲しみ、喜びは、心から透けるようにして表に出てった。言葉は、感情だった。一方的で迷いのない。けれども不適格な。表に出て行った言葉たちは、戻る場所を探している。いつまでも。戻ることはない。戻ることを望んでも。

    僕は、そうやって詩と出会った。言葉の、迷いのない不適格さを知っていた。それでも心から透けていく言葉、つまり感情は抑えることは出来ない。言葉は、どこかを目指している。どこかの心へとたどり着こうと。ノートの片隅、手紙、写真の裏に束ねられた言葉の群れ。僕は、それらを詩としか呼べない。

    竹内浩三は有名な詩人として世に名を残してはいない。そもそも、詩人など有名であるわけはないのだ。ただの言葉が、文学的だの、英雄的だの。言葉は独り歩きする。正義を呼び止めようとする。それでも、所詮は一方的な感情でしかない。憧れに過ぎない。

    僕は思うだろう。彼がペンを持った意味を。けれど、彼には意味など存在はしない。意味を越えていく。傷跡のように手紙には詩が残される。僕は、そう思う。僕は詩を読む。一方的な感情を。震えるようにして読み進めるだろう。文字の輪郭が失われる。彼の線が紙にしみていく。


    白い雲が
    秋の空に
    音もなく
    とけて
    ゆくように

    竹内浩三ー「山田ことば」

  • 昨夜夜中の3時ごろから読みだした。
    後半は涙が止まらなかった。
    姪にあてたハガキには、人生についての真理が全てつまっていると思った。

    【2008年6月5日読了】

    今も尚ときどき読み返す。
    この本に出会って良かった。

    【2010年10月22日追記】

全3件中 1 - 3件を表示

竹内浩三の作品

竹内浩三詩文集―戦争に断ち切られた青春 (風の道文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする