そこにある光と傷と忘れもの

著者 :
  • 風媒社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833120487

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「図書館は記憶の港 本は船 窓の向こうの空は大海」
    「二人組ばかりの街で僕は今、一首だ。ざらつく一首でいよう」
    など好き。

  • 書物、画集、図書館とかいった記憶の集積のようなもの、場所と
    中高生の日常がどう関わっていくか
    そういうことを書いた短歌が印象的だった記憶がある。
    当時の私にとって本や図書館がシェルターみたいなものだったということだろうか。
    また読み直してみるのもいいかもしれない。

  • 2012 11/30読了。Amazonマーケット・プレイスで購入。
    はじめて歌集なるものを買った。
    図書館に関する歌が複数含まれているそうで、そのことをTwitterでつぶやいている人がいるのを見て買ってみた本。
    大学院生⇒教師となった著者が、20代後半~30代前半の歌をまとめたという本。
    一連の図書館に関する歌や、本に関する歌は、割りと好きなのもあった。
    先生になってからのはあまりピンと来ない。

  • 潔いまでの愚直さ。もちろん良い意味で。

  • それもいい 君を抱きすぎ君の見た夢の形に歪んだ僕も
    青空から青が降る夢ふと覚めて窓を開ければ透明な空
    会えるとは思わなかった 夏が麻痺してゆく船の倉庫のかげで
    突然の自殺 伸ばした指先が最期にさした星があるはず

  • 青春と言う言葉が感じられる歌集。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1968年、神奈川県生まれ。高校教諭。
1998年、第41回短歌研究新人賞受賞。歌集に『飛び跳ねる教室』『今日の放課後、短歌部へ!』『短歌は最強アイテム』『グラウンドを駆けるモーツァルト』、小説に『90秒の別世界』、共編著に『短歌タイムカプセル』、編著に『短歌研究ジュニア はじめて出会う短歌100』などがある。歌人集団「かばん」会員。國學院大學、日本女子大学の兼任講師。

「2021年 『微熱体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千葉聡の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×