テクストのモダン都市

著者 :
  • 風媒社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833131162

作品紹介・あらすじ

都市は迷宮であり、劇場だ。そこで人々は自らの物語を作り出し、物語を生きる。「郊外住宅/アパート」「電車/円タク/地下鉄」「デパート」「カフェー」「放送局」「競技場」「ダンスホール」。1920年代から30年代の、驚きと輝きに満ちたモダン都市で人々を魅きつけたトポスは、いかにしてテクストに織り込まれたのか。都市の表情と心性を活写し、その歴史的記憶をとじこめたテクストを読み解き、見慣れた都市のむこうに、未だ知られざる風景を鮮やかに探り出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1999年刊。1920~1930年代の東京における都市のモダニティを「郊外住宅/アパート」「電車/円タク/地下鉄」「デパート」「カフェー」「放送局」「競技場」「ダンスホール」というトポスをキーとして、小説やエッセイ、詩、短歌といった文学テクストによって織り成された言語都市と感応させながらガイドしていく。
    文学者、芸術家と馴染み深かったと聞くカフェーについての章が、読んでいて煌煌しく感じられた。
    多分意図した構成なのだと思うが、後半に付置された「放送局」「競技場」「ダンスホール」とも、20年代から30年代前半にかけ発展し活況を呈しながら、30年代後半に向かって総力戦体制へと集束していく時局の中で、国策に絡め取られ或いは相応しくないものとして終息させられていく姿は、寂しく哀しいものがあった。
    なお、現代の古書目録について記した終章が個人的に一番面白かったのは、何だか申し訳ない気分になった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京女子大学教授。専門は文化学・日本近代文学。主な著書に『海の上の世界地図―欧州航路紀行史』(二〇一六年、岩波書店)、『シベリア鉄道紀行史―アジアとヨーロッパを結ぶ旅』(二〇一三年、筑摩選書)、『資生堂という文化装置 1872-1945』(二〇一一年、岩波書店)などがある。

「2019年 『女学生とジェンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田博文の作品

テクストのモダン都市を本棚に登録しているひと

ツイートする